soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

第14回ソロモンコンペ その2 すこしずつ・・・

2017.06.09 (Fri)
旧キットいじくるのも
たのしいですねぇ。
あんまり進んでないですけどw

頭の下側はがっつり段差ができてました。


こんな段差だったら
黒瞬着より
パテでやったほうが良さそうです。

パテの方だと
あらかじめ形を決められますから。

これで左右の形が揃いました。

サフを吹いてから
消える段差の処理をします。

足は長すぎるので
5mm切断します。

面倒だったので
切り取り線を付けるのに
遂にノギスでがりがりやってしまいました。
ノギスの先端では
長さを測れなくなりましたw

ハイパーカットソーで
すぱっと切断。

楽だし早いし綺麗。

腿はどうしようかなぁ?

第14回ソロモンコンペ その1 久々の旧キット

2017.06.06 (Tue)
前回のソロモンコンペでは
ドム焼きという
ほとんど作る気無しな感じで
参加したんですが
今回はちょっとだけ工作して
参加しようと思います。

毎度のことながら、
キットだけは締め切りの
何ヶ月も前に早く手に入れて
作る気だけはあるけど
締め切りに間に合わなくなって
結局出せなかったり
突貫で作ってしまって
申し訳ない気持ちになりますが
今回はちゃんと間に合わせたいと思います。
決意表明。

次回のお題はアッガイ。
クリック拡大。

みんなで参加しない?

そういえば、
アッガイは前にMGを作ってますね。
第4回ソロモンコンペ
アッガイのネズミーランドバージョンでw
ソロモンから持って帰ってきてます。
修理待ち。

ということで、
トムソーヤに駆け込んで
旧キットを1ヶ月ほど前には
確保していたんですよ。

ラブリーな箱絵。

みごとなモナカでした。
ほんと清清しいくらいw
完成写真でも
合わせ目を消してないのは
非常に好感が持てます。
商品写真に偽りなしw

上半身は頭まで一体成形。
頭だけが欲しいので
切り取りました。

タガネやらハイパーカットソーとか
道具が良いので
あっというまに切り取れます。
前は苦労して切ってたのになぁw

瞬着でちゃちゃっと
頭を貼り合わせますが

さすが旧キット!
段差がゴイスー!
どうせ段差がでるんだから
処理が面倒なところが合うように
パーツを合わせました。

黒瞬着をモリモリして
段差を消しました。

スポンジやすりが無かったら
即死だったぜ。
ひけてるところもついでに修正。

こういうのが旧キットの敷居を
高くしてる理由なんでしょう。
切り刻んで遊ぶには
丁度いいんですけどねぇ。
切り刻んでも合わせ目消しとか
段差埋めとかは
やっぱり必要ですけど。


アッガイの頭で
どら焼きを作るってネタも考えましたが
今回は却下。


WAVE 1/144 LED MIRAGE その11 手首がイテェ

2017.06.02 (Fri)
お仕事で3時間ブッヅケで
壁に落書きをしてたら
手首を傷めてしまいました。
腱鞘炎っぽいので
なぜか家にあったロキソニンテープを貼って
様子を見てましたが、
全くよくなる気配がないです。

しょうがないので病院にいって
壁にらくがきしたら痛くなったって話したら
”どうしようもないよねぇ”
という診断で
塗り薬の痛み止めを処方されました。
塗り薬なので湿布みたいに
剥がれる心配ないのがいい!!

スティック糊みたいに
底をひねると薬がでてくる。
便利なものがあるんですね。
ちょっと痛いと思ったときに一塗り。

これでまた落書きができるw

手首が痛いので
模型があんまりできません。
休み休みで30分くらいが限界。

ということで
時間かかる作業を始めました。
メタルパーツはやっぱり嫌なので
型を取ってパテに置き換えます。
レジンでもいいんだけどね。
粘土シリコンの寿命が近いし
どうせ片面取りでいいので
簡単なほうにしました。

シリコンが硬化したら
エポパテを突っ込んでみました。


硬化したら
面出しして整えます。

側面のディテール作るのが面倒ですが
締め切りなんてないから
のんびりやります。

WAVE 1/144 LED MIRAGE その10 ぽっちゃり

2017.05.30 (Tue)
先週末は子供の運動会でした。
朝5時半に場所取りに行ったら
まだ木陰が空いていたので
ベストポジションを確保できました。
運動場とか埃っぽいとこは嫌。
目がかゆくなるし。

東西の木の北側に
陣取るのがポイント。
午前は東側
午後は西側の木で
日差しを遮ります。
子供が出てないときは
日陰にいられたので
日焼けもしなくて
かなり楽でした。
来年もこの場所にしよう。


アンクルアーマーは
3パーツ構成でした。
スネ側の出っ張りと
アンクルアーマー側の
ヘコみでしっかりホールドされました。

ここの取り付けどうしようかと
結構悩んでたんですが、
悩むより組むが易しw

ということで、
ほとんどのレジンパーツがつきました。

この角度だと
まぁイイように見えるんですけどねぇ。

正面から見ると。

今の目で見ると太ましいなぁ。
要ダイエット感。

これを細くするのは
大工事になるというか、
スクラッチになってしまうので
このままにしますw

WAVE 1/144 LED MIRAGE その9 あなたの隙間お埋めします

2017.05.26 (Fri)
隙間にパテを詰めて
ムギュってして
隙間の調整してたけど
干渉シートを挟んで
色がついたところを
削っておくと
ムギュが捗る。


色が前面に付いたら
綺麗に当たってるってことなんだけど

現実的にはそこまでしなくて
いいよねw

大体組み上がったかな〜とか
思ったので
細かい修正も始めました。

黒瞬着使うと
穴埋めとか段差埋めとか
わかり易くていいですよ。
ボークスに黒瞬着の小さいやつが
売ってたので
それ使ってます。
WAVEの大瓶は
使い切る前に固まってしまうのよ。

組み上げてたら
とっても大きな
隙間発見!(草野仁風)

これ、レジンとホワイトメタルという
普通のプラ(PS)じゃないんですよね。
どうしましょうか。

というか、
プラ板を瞬着で接着して
隙間を埋めるしかないじゃないか。

レジン側のパーツをいじると
左右で大きさが変わってしまうので
メタルパーツをどうにかするしか。
瞬着はメタルにも効くので
エバグリのプラ板を貼り付けて
調整しました。

可動は殺しました。
どうせ動かさないし
勝手に動いたほうがいやなので。

やっぱりプラモ作ってるの
楽しいなぁ。

« Prev  | HOME |  Next »