soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

子供のための1/72戦車 再び

2017.02.13 (Mon)
先日トムソーヤに
BT-42とクレオスのガルパン特色を
引き取りに行ったついでに
戦車道教育用に
1/72の戦車ないかな~と
物色してたらこれがありました。

T-34/85 プラウダ高校。
戦車道教育用には丁度いいんですが、
いかんせん、子供のおもちゃには高すぎる。

プラウダの仕様とも結構違う。

どーすっかなぁと一瞬だけ悩んだんですが、
クレオスの大洗特色を全色買うので
プラウダの色を見たいし
まぁいいかと購入。

ちなみにガルパンIV号もあったんですが、
G型が既にあるので却下。


早速作りましょう。
さっくりと組みます。

あっさり組みあがったんだけど、
このキット、入門には向きませんね。
1/35は大変そうだからと
こっちを買う
あんまり慣れていない人が
苦労するのが
目に浮かぶ。

ドリルで穴を開けないといけないし。
ちなみに左側についてるライトの後ろの
ホーンですが、
キットではまったく成形されていませんでした。
不良部品なのか元々成形されてないのか
判別不能。
砲塔はもなかなので
合わせ目を消す必要があります。
合わせ目は後ろ側なんですが
かなりうねっているので
消すのには少々苦労します。

プラウダ仕様ともかなり異なります。
まぁ、それはわかってたことなんですが。
転輪なんてT-34/75のものだし。
細かい所を上げて
どこが違う~とかやりません。
めんどくさいw

しかし、これ、ガルパン模型と考えたら
子供のおもちゃにしかならんわ。
これなら普通のT-34/85を買うか
完成品を買った方がマシですな。
高いお値段はデカール代とお布施と思って
あきらめましょう。
やっぱりプラッツの仕事です。
こんなもんばっかり出しやがって。
担当者を正座させて1時間くらい
説教したい気分。

毎度おなじみマホガニースプレーからの
筆塗り。

瓶生でごりごり塗ります。

塗料はもちろん、これ。

グラデつけようかとも思ったけど
なんかめんどくさくなったので
べた塗りです。

プラウダ仕様とか言って売ってることに
テンションがダダ下がりなのでw

アハトゥンクガールズ&パンツァー2と
にらめっこして
色を比べてみました。

下地の影響もあるけど、
ちょっと暗めになっているようです。
白を少し加えるとあの色になりそうですが
やってないのでわかりません。

塗り終わったので履帯を組もうとしたら

長い。
長いのは珍しい気がします。
3コマ分切り取って合わせました。
履帯の端が薄く成形されてて
接着して丁度良い厚さになるキットが
台無しですね。

プラウダのT-34/85は
履帯が浮いているのが特徴。

実車でもこんなことになるのか??
ここはアハトゥンクガールズ&パンツァー2に準拠で。

しかし、履帯の接着部分が目立ちますねぇ。

ということで
細かいこと言い出したら絶対に完成しない
プラウダ高校仕様が完成w

プラウダ仕様とかいわなければ
普通にいいキットなんだけどなぁ。
使わなかったけど、
エンジンルーバー部分の
エッチングパーツまで入ってます。
中が見えるエッチングを使ったら
中身を作らないといけないじゃないかw

戦車道教育用の戦車も
だいぶ増えてきて
パンツァーカイルも夢じゃない?w

大洗2輌、黒森峰とプラウダが1両ずつ。
サンダースと紅茶も欲しいかなぁ。
次は普通の1/72を買ってこよう。

ちなみに、ロンドンのWar Museumに
展示されているT-34/85の実物。

モノホンは迫力がやっぱ違いますわ。



HG ヅダ 完成写真

2017.02.01 (Wed)
いまさらなんですが、
今年の目標をツイートしてたのを忘れてました。
今年の目標↓
C1aHwGwUcAA5WJcd.jpg




松の内モデリングのヅダに
さらに手を入れて
ちゃんとした完成品にしました。

吉本プラモデル部の
プラモライブのヅダ選手権に参加するという
パンクブーブーの佐藤部長との約束も、
勘違いに気がついて
ギリギリなんとか果たせたし、
よかったよかった。
完全に締切を過ぎてると思ってたw
本日2/1がライブの日ですね。
ライブ当日なので
ようやくこっちでも
完成写真を公開します~。

FBとかでは公開してたんですけどね。

松の内からの変更点は
・全体的な退色の調整
・武器類の塗りなおし
・スミ入れ
・軽い汚し
になります。
おもちゃっぽかった雰囲気から
どっしりとした雰囲気に
なったんじゃないかと思います。
やっと思うような雰囲気にできました。

ヅダでやりたかったことは
スピットファイアで試してみた
退色表現というか
印象派塗りというか
そんな塗り方です。
かなり油絵チックになりました。
メリハリとかいうものも
少し理解できた気がします。

MSで錆錆とかボロボロはみるけど
退色ってあんまり見ない気がします。
錆もかっこいいけど、
退色もかっこいいと思うんだよなぁ。
錆なしでも古く見せられるようになれば
幅が広がるんじゃないかな。
これにさらに錆を加えてもいいかもしれない。


ヅダは横幅がそんなになくて
100均の縦長ケースに
ギリギリ何とか入ったので
ケースの底面に直接塗りたくって
ベースっぽくしてます。
整備区画に入ってきたイメージだけど、
情報が少なすぎてそんな風には見えません。
がんばりましょう。

今度はちゃんとカメラで撮影して
現像もマジメにしました。
クリック拡大。
Zudah01-1.jpg
松の内終了時点では
膨張するように見えてたけど
かなり引き締まって見えます。

Zudah02-1.jpg
やっとMSの立たせ方が分かってきた。
合わせ目をまともに消してないのも
丸分かりww


バックショットがお気に入り。
盾のとこなんて
あからさまに印象派のタッチですねぇ。
ムラじゃなくて筆跡を
効果的に使えるようになったかな?
なんか筆塗り二周目になった気がする。

もういっちょ素立ち。
Zudah06-1.jpg
このショットだと背中のバーニアの
焼け具合も見えます。
こっちを送ればよかったかなぁ。
でも、ピントが甘い。
剛性の高い三脚が欲しい。

プラモライブでどう弄られたんだろう。
今度部長に会ったときに
聞いてみよう。

その前に、ライブで紹介してもらえたのか??



おまけ
影が多目になった没写真の
コントラストを上げてバキバキにして
宇宙っぽくしてみた。

こういうのも面白いね。
仁王立ちだから
宇宙に浮かんでるようには
これっぽっちもみえないけどw

ちなみに、
足の裏に瞬着べったり付けて
ベースに貼り付けているので
他のポーズは取れませんw
出来るなら関節も固定してしまいたい。
持ち運びに便利だからw

プラモライブのヅダ選手権が
終わってからって思ってたから
なかなか公開できなかったけど、
やっと公開できてほっとしましたw


子供のための1/72戦車

2017.01.31 (Tue)
子供がここたまとかいうのが大好きで、
ちっこい人形で遊んでいるんですが、
戦車で戦いごっこしたいけど
戦車が一台しかない~
とか言ってるので
父はがんばりましたよ。

1/72のIV号G型です。

砲身が長いほうが強そうという
ただそれだけの理由。

ささっと組んで
昼休みに職場で
ジャーマングレーの缶スプレー。

早く作りたいときは
下塗りをスプレーすると
楽チン楽チン。

ここから筆塗りに入ります。

ガルパンカラーで塗ってやろうと
塗料を探してもなくて
どこにいったんだ~~?
と思ってたら、
ブラハロ君がIV号塗るとか言ってたから
塗料を渡してそのままになってたんだった。

ということで、ガルパンIV号の色に
手持ちの塗料でどれが近いかなと
塗ってみたのがこれ。

RLM66ブラックグレー 。
結構いいんじゃないかな?
大日本絵画のガルパン本の
表紙のIV号のグレートほぼ一緒。

白を加えた色でさらに塗りたいですが
じっと我慢してw
OVMを適当にちょちょっと塗って

完成。
あんこうマークなんて描きませんよ?
これで完成までおよそ3時間ってとこかな?

続いてはこちら。
タイガーI 前期型。

サクサク組みあがります。

IV号と同じように
職場でマホガニーをスプレーして

下塗りできあがり。

上から黒森峰ゲルプIを
ぬりぬり。

良い色だなぁ。
これもやっぱりトータル3時間ほど。

とうわけで子供の戦車道教育用の
模型戦車が3両になりました。


大喜びで持っていって
早速遊んでました。

速攻でここたまがやられてるwww
あっ!M3リーもやられました!!


ところで、
おしとやかな女の子に育てたかったのに
戦いごっこが大好きになってるとか
どこで育て方を間違えたんだろう??


ビークルモデル ミレニアムファルコン 完成写真

2017.01.15 (Sun)
ミレニアムファルコンが
あまりにもカッコイイので
飾っておくことにしました。
このキットまじですごいわ。
ソロモンでもガンダムの話せずに
超プッシュしまくってきましたw

飾っていると埃まみれになるのは
火を見るよりも明らかなので
ケースをテキトーに作りました。
スターウォーズの惑星の写真を
グーグル先生にお願いして探して
印刷して切り抜いて
100均のケースに貼り付けて
ファルコンを台座ごとケースに貼り付けて
超お手軽ディスプレイの完成。
お手軽なのでオススメ。

クリック拡大。









アンテナの基部を掘ると
おもちゃっぽさがかなり消えるので
オススメです。

スターデストロイヤーと
ミレニアムファルコンを
組み合わせても面白そうなので
ファルコンがもう一台手に入ったら
作ってみたいなぁ。

その前にスターウォーズを
ちゃんと見るのが先かw






ビークルモデル ミレニアムファルコン

2017.01.13 (Fri)
ツイッター見てたら
ビークルモデルとかいうとこの
ミレニアムファルコンが
やたらかっこいいくて
物欲全開になってしまいまして。

最近、TLの誘惑に抗えない。
いや、ほんとに。

欲しくなったらプラモ屋に行くじゃないですか。
2件回ったけど、
どこもミレニアムファルコンは売り切れ。
かろうじてXウイングだけあったから
それを作って溜飲をさげようと。
vm002.jpg


じつはスターウォーズって
まともに見たことないから
よくわかってない。
箱絵みながらてきとーに塗りました。


なんだかなぁ。

こう、イマイチ感がどうも抜けない。
大して好きでもないからかなぁ。
塗りに20分も時間かけてないからかなぁ。

やっぱりファルコンが欲しい。
vm006.jpg
ってベスト電器に別の用でいったら
おもちゃコーナーに置いてありました。
とりあえず、良く知らないんだけど、
スターデストロイヤーも買っておいたw

組んでみるとTLで
すげぇすげぇ言われてるのがよくわかります。
モールドが逝っちゃってる。
これを600円(税別)で買えるのか!

これがバンダイ脅威のメカニズム(違

最近のジョエさんは
賢くなったずるいので
先に作っているエライ人のブログを見て
どこに手を入れたらかっこいくなるのか
調べることを覚えました。

アンテナ背面は只の板なので
ここを作りこむと見違えると
エライ人のブログにありましたが、
そんなことする気力はないので
穴を開けて掘り込むだけにしました。

しかも、見える側だけ。
全部正しく掘り込んでしまうと
強度的にどう考えても持ちませんから。
それでもこの後根元から折ったくらいw

型の都合でパイプが板になっている所も
加工するといいよって書いてあったので
ここもただ掘りこんでみました。

がんばったのに写真でもわかんない。
きっと塗ったら見違えるはずと
自分を慰めるのはいつものことですがなにか?

レーザー砲は4門らしいのですが
ここも漢らしい板成形なので
掘り込んで4門にしてみた。


でも、気力が続かないので
良く見える上側だけw


早速塗ります。
当たり前のように無サフ筆塗り。

まずは塗りわけ部分をラッカーで。

グレーはエアクラフトグレーを主体
黄色はミドルストーン
赤は艦艇色にしました。
なんとなくそれっぽいんじゃないかなぁ。
排気口は黒と白と
定番のマホガニーの混色です。
はみ出したらカッターの先で
ごりごり削れるので
無サフはほんと楽チン。

塗りわけが終わったら
エナメルのジャーマングレーで
じゃばじゃば洗います。

モールドがみるみる浮き出てきて
ほんと楽しい。
グレーじゃなくて
黒で洗ってもいいかもしれない。

排気口のすす汚れと
ごちゃメカ部分をてきとーに。

黒白マホガニーです。

ふき取りとかしてたら
がんばって掘ったパイプ部分が
いつの間にか折れてました。
しくしく。

言わないと分からない部分なので
そのまま黙っておきますw

塗りわけパネル部分の剥がれは
カッターの先でごりごり削りました。
無サフの勝利。
折角の無サフで塗ってるんだから
有効活用しないとね。

排気口のススを調整したり
雨だれを描き込んだり。

なんかそれっぽくなってきました。
ほんとモールドの精密感がすげぇ。

排気口からのススはなんか変だけど
プロップの写真らしきものが
こうなっていたので
本物に合わせてみました。
こういうながれは出来ないと思うんだけど、
光速で飛ぶとこんなことが
起こるのかもしれない。

塗り忘れがあったので塗り直したり、
雨だれやススを調整したり。

パッと見、どこが変わったのか
よくわからない。
じっくり見ても
やっぱりわからないw

それでも排気口のまわりが
だんだんかっこいくなってきたと
ハァハァ興奮中。

すごいキットだよね。
ただ塗ってるだけで
こんなになるんだから。
いつもは解像度を上げようと苦労するんだけど、
このキットは解像度を下げないように
気をつけるという
なかなかレアな体験をしてますw

つや消しをたっぷり目に吹いて
つや無しにしたけど、
写真じゃ分かんない。

ほんと間違い探しレベル。

つや消しの上から
さらにぐりぐりごしごしして
これで完成にします。
ってか、強制的に完成にしないと
いつまでも塗り続けてる予感。

ちょちょっと塗るだけで
めっちゃかっこいいファルコンが
千円でお釣りが来る値段で
買えるなんて、
ほんとすばらしい。

これ作ると、
めっちゃ上手くなった気になれるから
ほんとおすすめ。
一家に一台は必須。





« Prev  | HOME |  Next »