soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

第14回ソロモンコンペ その24 台座

2017.07.13 (Thu)
台座は白木のままでも
いいかなと思いましたが
そのままじゃいまいちなので
油性ステインのオークで
塗ることにしました。

マホガニーで塗ってしまうと
本体とあんまり色味が変わらないので
両方が目立たなくなってしまいます。

とりあえずマホガニー教として
反省しておりますw

9割方完成です。

超かわいい。

両手を後ろにした
アラレちゃん走りです。

なんか、こう、
一生懸命走ってる感が超可愛い。
しかし足は遅いw

さらに下側に安定の100均ケース。

100均ケースの台座も
木目調にするという手もありますが
どうするかなぁ。
しばらくこれを見ながら
考えることにします。

だってケースはめたら
塗装はげするのは
目に見えてるからw

アッガイたんが可愛いすぎて
ソロモンコンペ用に作ってるのに
コンペに出さずに
ずっと手元に置いときたくなってきた。
やばいw

第14回ソロモンコンペ その23 ディスプレイ

2017.07.12 (Wed)
アッガイたんをじーっと眺めてたら
そのまま素立ちさせても
いまいちかわいさが伝わらない
ような気がしてきました。

だったらかわいくディスプレイすれば
いいじゃないの。

ということで、
追加工作です。

ボディ底面のパーツに
3mmの穴を開けました。

色ハゲとか気にしない。
ジャーマングレー瓶生だから
修正はらくらくです。

PCの在庫から探してきた
3mmのPCを使います。


ウィーゴのキットから
クリアーパーツを取り出します。


必要な部分を切り出しました。

パーツじゃなくて
ランナーを使います。

実は3mmプラ棒は持ってなくて。
だってランナーが3mmなんだもの。
買わなくてもいっぱい持ってるw

穴を開けたパーツと
ランナーとPCを組み合わせます。


PCをパテで固定して
台座に穴を開けて差し込みます。

台座は安定の100均木製ブロックです。

パテが固まると

走るアッガイたん。
超可愛い~~!

第14回ソロモンコンペ その22 エナメル塗装

2017.07.11 (Tue)
頭の塗りわけはエナメルで。
はみ出しても安心ですからね。

モノアイレールはフラットブラックで。

黒の瓶生ってあんまり使わなくなりましたが
ここは真っ黒でいいかな。

モノアイは前回のドムの反省を生かして
きっちり仕上げたいと思います。

白と赤を混ぜて作ったピンクを。

縁は濃くして
中心に向かって白っぽくなるように。

縁はかなりピンクにしてもいいみたいです。

中心はもうほとんど白です。
ぼやっと光ってる感じを出したいんですが
なかなか難しいです。

短時間で重ね塗りしたいので
ドライヤーで乾かしながら塗り重ねました。
エナメルは乾燥が遅いから
ただ待ってるだけだと
なかなか進みませんw

塗料皿はこんな感じです。

白と赤の比率ををちょっとずつ変えて
グラデーションしました。
5段階くらいやってみたけど
あんまりわかんないw

筆塗りで使う塗料は
かき混ぜ棒に付いた量でも
多いくらいなので
塗料1本を使いきれる気がしません。
塗るより捨てるほうが多いw

お腹にスミ入れ。

深く掘りすぎてるみたいで
あんまり変化無かったですね。

アッガイたん。

あ、スミ入れの拭き残しがあるww

ともあれ、もう少しで完成だ~~!


第14回ソロモンコンペ その21 塗りわけ

2017.07.10 (Mon)
アッガイたんの塗りわけは
ほんの少しだけ。

手とランドセルを
グレーにします。
使うのはこれ。

305は結構お気に入りです。

手の先っちょは
筋彫りもなしで
塗りわけだけにしました。

塗らなくてもいいかなとか
最初は思ってたんですが
全体的に絞まらないので
グレーをいれることにしました。

ランドセルはダークアースで
塗ってましたが
箱の完成写真を見ると
グレーだったので塗りなおしです。

カドを落として丸っこいので
ぬるん♪としてますw

下地の305に13を重ねました。

ニュードラルグレーは赤が入ってるので
茶色と相性が良いですね。

バーニアは塗料皿に残ってた
黒と茶色の混色で。
ここはメタリックにしようかなぁ。
浮くかな?



第14回ソロモンコンペ その20 筆塗りの良さ

2017.07.08 (Sat)
筆塗装の良さって
ムラとかタッチのコントロール
だと思うんです。
色のグラデーションもやり易いですし。

ということで、
プライズ品状態なアッガイたんを
コクのある感じにしたいと思います。

使う塗料はこれ。

Mr.カラーのブラウンって
ほぼオレンジなんですが、
とっても素直な色なので
混色につかうととってもいいよって
あにさんに教わりました。

薄茶色はダークアースとタンを
混色しながら
グラデーションをつけつつ、
ムラに塗ります。

最近はエアブラシ塗装の
ベタッとした感じは
あんまり好みじゃないですね。
というか、
そういうのが似合わないもの
ばっかり作ってる気がw

しかし、こうなってしまうと
もうウィーゴには見えませんね。

マホガニーの上から
赤褐色とブラウンの混色で
ムラムラにします。

ブラウンほんと使いやすい。
基本色の一つに加えたい。

べた塗りの不自然さが消えて
自然な感じになりました。

イメージ的には
ノコギリクワガタの赤い個体的な
そんなイメージです。
アッガイたんは外骨格ですからw

赤っぽくムラに塗ったら
本体色の完成です。

細かい塗りわけがありますけどね。

超かわいい。

数体並べたくなります。

かわいいアッガイを目指して
作ってきましたが
どっかで見たことあるような??
って思ってましたが
何かやっとわかりました。

完全にガンダムさんでしたわ。

最初からこれ見てたら
試行錯誤が減ったのにw

« Prev  | HOME |  Next »