soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

MG RX-78-2 Ver. Ka (完成) の記事一覧

RX-78-2 Ver. Ka その6

2008.12.23 (Tue)
少しずつでも進めることが大事と信じて
今日もちょこっとだけですが、進めます。


上半身までできました。
・・・・なんか太い??


腕です。


フレームに合わせ目がばっちりでます。
合わせ目消し必須です。


腕を取り付けたところ。
微妙なプロポーションのような。。。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 模型カテゴリに参加しています。

人気ブログランキングに参加しています。

RX-78-2 Ver. Ka その7

2008.12.24 (Wed)
忘年会疲れです。
ウコンの力って結構キきますね。
メリークリスマス。


両腕完成。
肩が小さいかな。


仮組み完成。
なんじゃこりゃ。
はっきりいうと、コレジャナイロボを思い出しました。
惨劇のクリスマスへようこそw
切ったり貼ったりヤスったりの大修正が必要です。
しばらくこれを眺めてどうするか考えます。
切り刻むことになりそうです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 模型カテゴリに参加しています。

人気ブログランキングに参加しています。

RX-78-2 Ver. Ka その8

2008.12.25 (Thu)
じっくりと眺めながら改修箇所を考えます。

気がついた所はマジックで直接書いていきます。


足の延長は必須のようです。
ヘリウムコアも小さい。
コテカももっと前へ出したいところです。
スリッパも独自の途中で切ったような形に変更したいところです。
肩アーマーの幅ましもやりましょう。
そうすると今度は腕が短くなるでしょうから、そこの延長も必要になるかな。
それから、胴がぶっといのでなんとかスリムにしたい。というか、します。
肩のダクトよりもエリ部の底面を下げて設定画と同じにします。
そうそう、Rアーマーも浮いていました。
マスクの削りこみとヘルメットの形状変更はやらないと話しにならなさそうです。

Ver.Kaといえば、の肩パカパカもこの際やってしまいましょう。

ここまでやるなら、非常に気になる肩の関節も新造してしまいます。
ラストシューティングできるようにしますか。
となると、内部フレームが邪魔になりそうです。
コアファイターの脱着はあきらめます。
固定にすればなんとか改修できそうです。

書いててめまいがしそうな改造量です。
改修しないパーツはなさそうです。

完成はいつになるのでしょうか・・・。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 模型カテゴリに参加しています。

人気ブログランキングに参加しています。

RX-78-2 Ver. Ka その9

2008.12.27 (Sat)
足のフレームから改修します。

まずはシリンダを後ハメできるように。

ピンを切り落として穴を開けます。

穴を開けるときは慎重に
面に対して直角になるように。





サイドからピンで留めれるように
すりあわせを何度も行います。

これで安心して塗りわけできます。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 模型カテゴリに参加しています。

人気ブログランキングに参加しています。

RX-78-2 Ver. Ka その10

2008.12.28 (Sun)
足の延長工作を行います。


あーあ。
もう後には戻れません。


アーマーも諦めてぶった切ります。


切る時はアーマーのダボ穴・ピンの位置をよく確かめてから。
へんなところで切ると、フレームとアーマーのダボの位置が
合わなくなってアーマーを接着しないといけなくなります。


1.2mmのプラ板を挟み込んで接着します。
洗濯ばさみではさめないのでがんばって固定します。


フレームもこの通り。
フレームとアーマーの形状が単純な位置で切断します。
切断は計画的に。


切断ばかりで飽きたのでアンクルアーマーのエッジと
変な面のつながりを修正しました。
写真ではほとんどわからないですが、
みたときの妙な気持ち悪さがなくなっています。
こーいう小さなことが仕上がりの差になると思っています。
気づかない小さなことほど、手を掛けて。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 模型カテゴリに参加しています。

人気ブログランキングに参加しています。
« Prev  | HOME |  Next »