soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

HGUC サザビー(完成) の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC サザビー その6

2008.08.18 (Mon)
連休明けの仕事はきっついです。

仮組みのスピードがやたら遅いのは
仕様です。


後半にやると必ずテンションが落ちて
いい加減になる手です。
今のうちならまだきっちりとパーティングラインと
ヒケ処理ができます。


左右2種類の手が付いています。
自分で飾っているとあまり差し替えをしないので
そんなにうれしくありませんw
下地処理に時間かかるし。


胴体の仮組みがやっと終了です。

この勢いで腕までやってしまいました。

といっても、二の腕だけですが。
ここのシリンダは置き換えるかなぁ。

ここまで合わせ目消しが必要なところはなさそうです。
MGより楽のような気がします。

HGUC サザビー その7

2008.08.19 (Tue)
仮組みだけでお腹一杯になりそうです。


腕がほぼ完成。
合わせ目無し!


バーニアが多い機体です。
大型ゆえの機構でしょうか。


ぱっとしない写真が続きます。
仮組みではあまり書くことないですよね。


肩アーマーは2重構造。
いかにも内側を塗ってくれといわんばかり。
それなら成形色も変えればいいのにと
思っても口に出さないのが大人です。

合わせ目処理が必要なところがみえません。
すごいです。
νガンダムのヘルメットにも感動しましたが、
これは設計に感動しました。
すでにおもちゃという扱いではないような気がします。
バンダイの中の人がんばってるなぁ。
その頑張りを武器にまで広げて欲しいと思うのは
贅沢でしょうかw

HGUC サザビー その8

2008.08.20 (Wed)
今日はがんばりましたよ。


さっくりと仮組み終了。
昨日からかなり進んだようです。
このままで十分かっこええ。

さてさて、どこをどうしましょうか。
プロポーションはいじる気しませんね。

電ホの作例をまねして全身スジ彫りで攻めて見ますか。


いつも忘れがちなビームサーベル関連。
パーティングラインを消して
600でかるくやすっておきました。
蛍光イエローで仕上げることにします。

HGUC サザビー その9

2008.08.21 (Thu)
写真は多いけど、
内容が無いブログは今日も続きます。

全身スジ彫りで攻めることにしました。
お手本は電ホの作例です。

まずは腕からいきます。

彫る部分にガイドとなるシールを貼り付けます。
透明なので分かりづらいですね。


自作ケガキ針とデザインナイフで彫っていきます。


はい、できあがり。
これではよくわからないので
水性の筆ペンで臨時スミ入れしました。


スジ彫りの部分わかりますかね?


組み合わせるとこうなります。
なかなかよさげです。

今日は片腕やっておしまい。
のんびり行きたいところですが、
9月に長期出張が入ってしまったので
ペースを上げてサフ前くらいまでは行っておきたいです。

ってこんなペースじゃ無理の無理無理ですが。

HGUC サザビー その10

2008.08.22 (Fri)
スジ彫りが楽しくなってきています。


二の腕にスジ彫りを施します。
上の赤いのは気にしないでください。
写真のような自作シールを下のように切り出します。


これを貼り付けてガイドにします。


このように。
ガイドがあると楽に綺麗にスジ彫りできます。


あっという間にできあがり。
ですが、前後左右対象がくせものです。
ガイドをうまく貼るまでが勝負です。


とりあえず、できたところまで。
さすが、作例を手本にしているだけあって、
締まった感じになりました。

« Prev  | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。