soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

ソロモン ガンプラ選手権4用機体 その3

2011.03.09 (Wed)
Twitpicで公開したところまでの
アッガイたんの頭の作り方です。
現在もたいして進んでいません。

パテでこんなに大きなものを
作ったことが無いので
肉厚をいくつにすればいいのか、
皆目わかりません。
とりあえず、3mmもあれば大丈夫でしょ
ということで、肉厚は3mmに決定。
プラ板の骨とスタイロフォームの中子は
この3mmを計算に入れて
大きさを決定しています。

中子にパテを盛り付けていくわけですが、
どれだけ盛り付けたのかがわからなくなる
自信だけはたっぷりあります。
なので、厚みのゲージを取り付けます。

プラ板の切れ端から3mmに切ったものを
プラ板の骨に貼り付けます。
沢山在った方がわかりやすいですが、
面倒だったので最低限にしました。
このゲージがぎりぎり顔をだすところが
3mmの肉厚になります。

準備ができたらあとは盛り盛り。

お気に入りのセメダイン木工用エポパテです。
軽さ・硬さ・切削性が気に入ってます。
食いつきはいまいちのパテですが。
中子がみえなくなるまでパテを盛ります。
表面を整えるのがエポパテでは難しかったので
一番外側だけはポリパテで仕上げます。

ポリパテを盛って硬化したら
盛りすぎたところをやすります。

きっちりとした形にはパテを盛れないので
少し多めに盛ってから削って形を合わせます。
写真は出張中にホテルで作業しているところですね。
写真の下側に見えるプラ板は外側のゲージです。
厚さのゲージを中子に取り付けましたが
それだけではなかなかきっちりとした形になりません。
外側はこういったゲージを作って
それに合うように削ります。

何度も何度も何度も何度も
盛って削ってを繰り返して
形が出来上がります。

この写真の元のファイルを間違って消してしまったみたいで
小さい写真しかありませんでした。
これで頭の基本形状は完成です。

実はここからが大変です。

本当の地獄はこれからだ(AA略


↓面白かったらクリックお願いします。順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへプラモデル人気ランキング

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック