soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

シンガポールからただいま帰りました 

2010.08.07 (Sat)
シンガポールより無事に帰還いたしました。

いや〜楽しかったですね。
といいたいとこですが、3日で飽きました。
うん、もうシンガポールはいいや。

歴史があまりない国で(乗っ取られた歴史ばっかり)
無理やり近代化しまくっているので
ほとんど日本に居るのと変わりありません。
せっかく海外なのに日本とおなじでは
全く面白くありません。

ただし、エアコンの効きが半端ありません。
長袖を持っていかないと寒くて寒くて。
屋外は30度くらいで、室内は18度とか20度くらいです。
ホテルの部屋もエアコンがガンガン効いてて
しかも、温度コントロールが出来なくて
Tシャツを3枚くらい着込んで毛布を引っ張り出してきて
それをかぶってやっと寝られるという感じでした。
きちんと体調管理していないとその温度差でやられてしまいます。
日中の気温は30度くらいで日本より涼しいです。
意外と湿度も低くて予想外でした。
もっと蒸し暑いのかと思ってました。
最近の日本が異常なのかもしれませんが。

たとえば、地下鉄の駅なんかでは

こんな感じでほとんど一緒です。
もっとも、滞在していたのでCityHallという
シンガポールのど中心部なので
そのせいもあるかもしれません。
ちなみに、写真の左側の黄色い看板は
SONIOEARという電気メーカらしいです。
バッタもん臭いですね。
シンガポールでは日本がブームなのか
浸透しているのかわかりませんが
普通に看板に日本語が使われて居たりします。
日本語がカッコイイのかな。
HMVではJ-POPのコーナーが充実していたり。

さて、お待ちかねのマーさんですが
気合入れてがっかりしてきましたよ。

超有名なマーライオン公園の5mくらいのマーさんです。
こいつは勇壮でなかなかすごいです。
これを見てがっかりはできません。
おおーってなりますよ。

では、何にがっかりしてきたかというと。

こちらのマーさん。
巨大マーさんの背後にこっそりといます。
おそらくこれが一番最初に作られたオリジナルのはずです。
高さ2mほど、吐き出す水もちょろちょろと。
ほとんどの観光客は無視して行っていました。
写真に写ってるように他の観光客は
誰一人見向きしていません。
こいつが今回の目当てですから
散々眺めてがっかりしてきました。

この脱力感溢れる感じがたまりません。
意外と目がはれぼったくて
あちぃ〜だりぃ〜と言う感じです。
でも、結構好き。


シンガポールといえば、夜景も見所の一つですね。

これはつい最近完成したらしいリゾートホテルです。
天辺の新幹線みたいなものには
人工のビーチがあったりするらしいです。
まわりが海なのにホント人工物が好きな国です。

しかし、夜景はなかなかきれいです。

なんだか、"鉄郎、いくわよ"って感じですが。

マーさんも夜にはライトアップされます。

左下にマーさんがいるのがわかるでしょうか。

以上でシンガポールの街の観光はおしまいです。
あと観光できるところは遊園地と化した島の
セントーサ島があります。
島全体が遊園地というかテーマパークというかそんな感じです。
島へ入るのに入園料(?)取られます。
鳥と触れ合えたり


水族館があったり

こいつは死ぬまでに一度でいいから一節食べたい。

それから観光の定番のシンガポール動物園の
ナイトサファリくらいなものでしょうか。
一日あれば充分です。

お次は食にいってみましょう。
その国独自の料理を食べるのが好きなのですが
今回はいまいちでした。
プラナカン料理というものがありましたが
基本中華でした。
シンガポールはイギリスやらポルトガルやら
日本やらが植民地支配した後に
華僑が乗っ取った国ですから(初代大統領が華僑)
基本的に中華になるんですね。
でも、台湾屋台のようなホーカーズといわれる
フードコートがやっぱり一番シンガポールらしいです。

こういう屋台がえんえんと続いています。
基本は中華。たまにケバブとかもあります。

お楽しみのビールです。
基本的にビールといえばこのタイガーです。

あっさりした味でジャブジャブ飲めます。
バドワイザーとかに近い味ですね。
現地で飲むなら現地のビールがやっぱり一番です。
でも、結構あちこちにASAHIがおいてありました。
日本人と見るやアサヒ薦めきますが
ここではタイガーの方がうめぇというと
喜んでタイガー持ってきます。
滞在中はずっとタイガーで過ごしました。

せっかくシンガポールへきたので
美味しい中華を食べようと
そこそこのお値段がする中華料理屋へ。

カニの白胡椒炒めです。
これで220s$でした。
日本円で15,000くらい。
高いけど、タラバガニ(だと思う)の丸々一匹を使ってます。
中くらいの大きさのものを頼んだのに
かなり大きいのが出てきました。
大きいのを頼まなくてよかった。
カニだけでお腹一杯になります。

と、中華ばっかり食べてたようですが、
中華食べたのはこの一日くらいで
あとはカレーばっかり食べてました。
カレー大好きなので苦になりません。
インド人が作ってるインドカレーなので
いわゆる日本のカレーとは全くの別物ですね。

ほうれん草のカレー、豆のカレー、チキンカレーに
ポークカレーと定番ばかりですが
全部美味しかったです。
米がタイ米なので中華をおかずに白飯を食べるのがつらいので
どうしてもカレーを選択してしまいます。
カレーにするととってもおいしい。
パダン料理というスパイシーな料理がよかったです。
カレーとはまた違うおいしさでしたよ。


と、まぁ、日本と違うところを無理やり紹介しましたが
基本的には日本と変わりないです。
街がきれいとかいわれていますが
日本では普通のレベルです。
逆に罰金取らないとそれが維持出来ないのかもしれません。

人種のるつぼとかともいわれますが
歩いているのは基本的に中国人でアジア系です。
その次に多いのはイスラム系でしょうか。
欧米系は基本的に観光客のようです。
見た目はそんなに変わらない(中国人ってわかりますけどね)ので
外国へ来たという実感はあまり湧きません。
観光地なら日本語も通じたりするので
お手軽な海外旅行には丁度いいかもしれません。

ブランド街も充実しているので
ショッピングにも良さそうです。
私は全く興味がないのでシンガポールの楽しさは
7割減だったのかもしれません。

ホントに仕事してたのかって感じですが
当然その日の全部仕事が終わってからのことですよ。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック