soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

直江兼続頑駄無 その38 謎のパーツ作成

2010.02.06 (Sat)
昨晩にプレゼントの応募を締め切りました。
ご応募ありがとうございました。

当選者はスズさんに決定しました。
後ほどメールでご連絡差し上げます。

兼やんは細かい部分に入ります。

兜の黄色いパーツの裏の肉抜きを埋めなおします。

エポパテでは取れてしまったので
表面を荒らしてから瞬着を混ぜたポリパテで
やり直しです。

前腕のモールドを復活させるのを
すっかり忘れていました。

0.5mmプラ板を2mm幅で切り出します。

平行になるように慎重に位置を決めて
流し込みで接着します。

長さは硬化後に現物合わせで処理します。

背中につけるバーニアは
固定をしっかりさせるために軸をつけます。

2mmで穴を開けてから


プラ棒を差し込むだけです。

ランドセルの内部にパテを盛って
硬化後に2mm穴を開けます。

これでバーニアがしっかりと固定できます。

次は1mmプラ板を4mm幅13mm長さで
4枚切り出します。

さて、なにをするのでしょうか。

プラ板の厚さを利用して
台形状に箱組みします。

流し込みで仮固定してから
内側に瞬間接着剤を持って強化します。

角を慣らして上下端を揃えれば出来上がりです。

なんのパーツでしょうか。

正解はお腹です。

S字立ちをするとキットを切っただけでは
みっともない隙間ができるので
S字立ちが決まるように内部構造を作ってみました。

後姿がみられるようになります。


これでも一応、S字立ちのつもりです。

腰があまり前に出ないので
普通の立ち姿とあまり変わりませんね。
でも、ポージングの幅は広がったと信じたいところです。


↓面白かったらクリックお願いします。順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへプラモデル人気ランキング

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック