soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

直江兼続頑駄無 その29 顔の原型完成

2010.01.27 (Wed)
自作した方眼シールですが
既に製品としてありますね。
HIQPARTSさんで販売されています。
マスメツールと言うそうです。
知ってました?
ツール・磁石ほか>塗装他 のカテゴリにあります。
気になった方は購入してみてはいかがでしょうか。
製品は黒赤青のラインで視認性がもっといいですね。

自作した1mm方眼のデータを上げようかと思っていましたが
チキンなのでやめておきます。
もしデータが欲しい方がいましたら直接メールください。


顔は複製するので早めに仕上げておきます。
複製している間に他の部分の加工をしたいですね。

というわけで、顔だけ先にサフを吹いておきます。

原型としてきっちり仕上げます。

エッジの修正と面を滑らかに仕上げます。

1000番のペーパーを久しぶりに使いました。

続いては顔の固定部の工作します。
簡単に付け替えができるように
兜の下から抜き差しできるようにします。
HJの作例では目の部分だけの交換だったので
兜の合わせ目を消せなかったみたいですが
顔全体を交換式にすると兜の合わせ目もちゃんと処理できます。

まずは顔に固定用のピンを設置します。
目の上から鉛直に平行にφ2の穴を開けます。


2mmプラ棒を差し込んでピンにします。

このピンが平行で鉛直になっていないと
兜からの抜き差しがうまくできなくなります。

次は兜側に顔の固定部を作ります。

エポパテが切れたのでまた木部用パテを買いに行ったけど
なかったのでプラ用パテを買ってきました。
硬化時間と切削性が同じくらいだといいですね。

兜のひさしの裏にパテを詰めます。

なんだか噛んだ後のガムを貼り付けてるような写真です。

兜の前後をしっかりと合わせてから
(接着はまだしません)
下側から原型を差し入れて顔のピンが
詰め込んだパテにしっかりと入るようにします。

これでパテが硬化すれば
顔の交換ができるようになります。
簡単な工作で効果大きいですよ。
顔を切り取るのは大変ですが。

顔を1mm奥にしているので
一体となっているキットよりも奥行きが出て
かっこよくなりました。

頬当てとマスクの間に隙間がありますよ。
パテが完全硬化したら
顔を取り出して複製に入ります。

忘れないうちにランドセルの整面です。
後になるといい加減になるかもしれないので。

例によって凸モールドはすべて削り落としています。

美味しそうな○凹モールドがあるので
この部分にはバーニアを付けてあげます。

コトブキヤのバーニアパーツです。

フチは忘れないうちにうすうす攻撃しておきますよ。


これでやっと残っているところは、
顔の複製と数箇所の装飾の作り直しと
飾り兜の加工と腰周りの加工と腕のモールド復活と
付属武器の加工だけになりました。
全身のスジ彫りの彫りなおしは当然ですね。

って結構ありますね。
50回くらいで終わらせられればいいかな。
目指せ大人なSD。


↓面白かったらクリックお願いします。順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへプラモデル人気ランキング

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック