soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 ガルスJ その36 脚工作編の肆

2009.11.13 (Fri)
今週中に工作を終わらせる予定でしたが
かなり厳しくなっていますね。
これじゃ、週末に徹夜必須です。
週末に表面処理まで終わるのだろうか。
元々手が遅いのにね。

愚痴ってないでガル蔵さんです。
まだ脚が続きます。
コトブキヤのダクトパーツを使って
向う脛のダクトを置き換えます。


キットのダクト部分を彫って埋め込みます。


少しはましになったかな。

ついでにダクト周辺のエッジも整えておきます。
全身のエッジを整えないといけないのがつらいです。
キットのエッジはC面がついているというより、エッジが丸い感じです。

膝関節の側面にはキットと同様に
凹みマルイチモールドでデコレート。


エクシアの膝は内部構造の関係で
左右の○の大きさが違います。

左右の区別が付いてこれはこれでいいかも。

これでようやくアウトラインがでました。

でも、ディテールアップはまだ。

腿の回転ですが
腿パーツをぶった切って無理やり回転軸を仕込みます。

脛側のほうに受けのPCをパテで埋め込み。

股関節側のパーツは可動域をひろげるために
掘り込んでみました。


ノーマルとの比較。

わかりにくいですが、左のほうが可動域は広がりました。
股関節軸を移動させたほうがいいかもしれません。
時間はないのにやりたいことはどんどん出てきます。
どこで妥協しますかね。

とりあえず、接着しときます。



脛ダクトはあと3箇所も加工しないといけないので
天板のガイドを作製します。

すりあわせの時間短縮になるか。

ここまでやってやっと接着です。

もう一方の脛は瞬着でやってしまうかも。

コンペの締切が1週間延びたようですね。
延びたというか、猶予期間ができたみたいです。
油断しちゃいけない・・・。


↓面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへプラモデル人気ランキング

面白くない場合はこちらをクリックお願いします。
人気ブログランキング
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。