soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 ガルスJ その32 右半身と腰フレーム

2009.11.08 (Sun)
最近、コメントを頂けるので張り切っています。

今日はかなり時間が取れました。
では今日の進み具合です。
今日も写真が多いですよ。

右の肩関節を箱組みで作成します。

2度目なのですぐにできます。

脇ミサイルポッドの取り付け軸を整面します。

この写真で肩関節軸が丸見えなのがわかりますね。
ディテアップしたかいがありそうです。

ここまでのチェックです。

かなりパーツが揃ってきました。
左右対称はここまで大丈夫のようです。

ウエストを加工する前に
腰フレームを仕上げます。

ほんとに骨組みの状態で放置していました。

ぎざぎざの入ったプラ板で側面を作ります。
4mm幅でスライスします。

肩アーマー裏をこのプラ板で作ったので
フレーム関連で使えるところは
統一しようと思います。

側面にプラ板を立てていきます。
隣のプラ板と接する断面の処理が面倒です。

やっとぎざぎざが写真で撮れました。

腰フレームの周囲を囲みます。


天井は0.5mmプラ板です。

これで腰フレームの完成です。

ここで一度組み上げてみます。

Sアーマーをつけると腰フレームはみえないですね。
私の改造はいつもこんな感じ。

すっかり忘れていましたが、
バックパックもどうにかしないといけないです。


とりあえす、肩のスラスター?から。
ミサイルポッドを薄くしたので
スラスターも薄くしないとつじつまが合いません。

0.5mmプラ板の箱組みで試作。

大きさもこれくらいで良さそうです。

0.5mmプラ板では弱いので作り変えます。

1mmプラ板で作り変えてみます。

が、今度は厚みのせいで断面の角度をきちんと出さないといけません。
なかなかうまくいきません。
これだけ手を掛けないといけないなら
キットのスラスターを幅つめした方がよさそうに思えてきました。

じつは今日の作業はまだまだ進んでいますが、
長くなりすぎるのでこの辺で終わりにします。
無駄な写真が多いので記事が長くなりがちです。
整理して最後の写真だけ紹介するといいんですが、
他人が作っている途中ってあまり詳しくみることないと思うので
このままのスタンスを続けていきます。

残りの内容は明日以降に順に紹介していきますね。
ところで、こんな調子でコンペに間に合うのか!?

参加申し込みしたコンペ↓
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
今頃になってこんなリンクが用意されているのに
気がつきました。


↓いつもクリックありがとうございます。モチベに直結しています。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

人気ブログランキングにも参加しています。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。