soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 ガルスJ その6 腰フレーム作製開始

2009.08.24 (Mon)
休日は新しいカメラを片手に
あちこちいって写真をとるのに夢中です。

おかげでガルスJはほったらかし。

とりあえず、可動域を増やすために
パーツの切断です。
バックパックは腰につけるか、背中につけるか・・・。

切ってから考えることに。

腰部分だけを組み立て。

体の中心からずれたところに軸があります。
体をひねったときにへんな感じになりそうです。

大幅に幅つめが必要な上半身です。

ここも切っちゃえ。
削って元に戻せるのか??

腰の可動はHGUCと同様にします。

腰フレームを作りましょう。

さっき切り取った部分の下にプラ板でフレームを作ります。

適当な大きさでけがいてから

切断。

たしかこんな感じでフレームって出来てましたよね?
サザビーを手元において置けばよかった・・・。
しばらくは試行錯誤が続きそうです。


↓いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

人気ブログランキングに参加しています
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。