soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC νガンダム その22

2008.07.10 (Thu)
サフ吹きの続きです。


どうにかこうにか全部のパーツにサフを吹き終わりました。

一度組み立てて表面の確認と改造必要な箇所がないか
チェックします。
ついでに、がしがしと動かして
サフが剥がれるところもチェックします。
サフが剥がれる箇所は塗装後に
ほぼ確実に剥がれるのでクリアランスの調整をします。


改造が必要なところを発見。
サイドアーマーのポリキャップが丸見えです。
サフ吹いただけなので色の違いが
はっきりとみえていますが、
塗装したらあまり目立たなくなるはずです。
しかし、見つけてしまったものはしょうがない。
ポリキャップカバーを作ります。
気付いてしまった以上、カバーをつけないと、
おもちゃっぽく見えてしまいそうです。


0.5mmのプラ板でカバーを作ってみました。
サイドアーマーの棒に通すような感じで作ってみました。
まずは片側だけ作って干渉のチェックです。
写真の状態だと端が骨盤(?)と干渉したので
0.5mmほど短くしました。


両側作ったところです。
これでかなり良くなったのではないでしょうか。

ちなみに、サフは薄く吹いているので
下地の成形色が透けて見えています。
この状態でペーパーかけた後で
2度目のサフ吹きで色が均一になるように
吹いていきます。
サフは最小限の厚さで吹かないと
造形がだるくなるのでこうやっています。

エアブラシの技量がないだけかもしれませんが。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。