soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

RX-78-2 Ver. Ka その73 パーツの乾燥

2009.03.12 (Thu)
昨日のアンケートでは殆どクリックがなかったので
今まで通りの手の洗い方でいいようです。(ホントか?)
とはいっても、パーツを洗浄してからは
できるだけ手の油をつけたくないので
入念に洗ってから触ります。
頭掻いたり、鼻の頭触ったりした手では触らないようにしてます。
ヒトの油はステアリン酸のような脂肪酸に側鎖が生えた形で・・・
とかはどーでもいいですね。

今日は漬け置き洗いしていたパーツの拭き取りです。
洗ったパーツに削りカスがつかないように
まずは机の拭き掃除からです。
カッターマットも入念に拭いています。
こんなに机がきれいなのも久しぶりです。

漬け置き洗いしたパーツを入念にすすぎます。
パーツを一つずつ確認しながら拭いていきます。
流されたパーツがないかどうかをw
パーツの乾燥はそのままほったらかしにして
自然乾燥させてもいいですが、
そうすると水道水のカルキ成分とかの不純物が
パーツに付着して塗料の食いつきを妨げるのかなとか
要らぬ心配をしています。
根拠は全くないですけどね。
というわけで、面倒ですがパーツを一つずつ拭いていきます。
もちろん、手袋着用で。
手袋もパウダーフリーのディスポタイプを使っているので
パーツは綺麗なままのはずです。
食品衛生に使われる手袋ですしね。


つ、つかれた。
まだ途中の写真ですが、全部終わらせました。
このまま一気にサフを吹きたいところですが、
ここはぐっと我慢して
明日までこの状態で完全に乾燥させます。

明日からはやっとサフ吹きです。
昨日のコメントの返事にも書きましたが、
パーツをあちこち切ったり貼ったりしているので
パーツの修正の嵐です、きっと。

↓結構、パーツに神経質だな。
と思った方は、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

人気ブログランキングに参加しています。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック