FC2ブログ

soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yウィングの作り方

2018.08.20 (Mon)
トムソーヤ主催
プラモデルを作ってみよう!
のYウィングの回でやった内容です。
お友だちといっしょに作っても
楽しいですね。

せつめいしょのとおりにくみたてますが、
たくさんよごしたりするので、
シールは、はらないでおきましょう。

さきにシールをはると、
はがれてしまいます。

まずはウェザリングカラーの
グラウンドブラウンで
ぜんたいをぬってしまいます。

ウェザリングカラーは
かわくのに時間がかかります。
手につかないようにちゅういしてください。

きれいにぬろうとしないほうがいいです。
白いところがなくなるように
ぜんたいにとりょうをまぶすようにします。

おくまでしっかりとぬります。
こうするとほそい線のところに
とりょうが入って
かたちがはっきり見えるようになります。
このワザをスミ入れと言います。

エナメルうすめ液と
めん棒をじゅんびします。

めんぼうは100円ショップのもので
じゅうぶんです。

めん棒にうすめ液を少しつけて
よぶんなところをぬぐいます。
プラモデルのはこの絵とくらべながら
よぶんなところのとりょうをぬぐいます。

ぬぐいおわったら
フィールドブルーをうすめて
筆にちょっとだけつけます。
ティッシュやしんぶんに筆をこすりつけて
ほとんどとりょうがつかなくなるようにしてから
やさしく筆でこすります。

ほとんどとりょうがつかない筆で
とりょうをのせるようにぬるワザを
ドライブラシといいます。

ドライブラシでとりょうがまだらになると
しぜんでカッコよく見えます。

おくをぬるときは
筆からとりょうをあまりぬぐわないほうが
ぬりやすいでしょう。

フラットアルミもドライブラシでぬります。

きんぞくの色はとてもめだつので
筆にとりょうがほとんど付いてないくらいにして
なんどもドライブラシをすると
カッコよくしあがります。

カッコよくなるように
ここまでにつかったとりょうを
なんかいもぬったり、
めん棒でぬぐったりしてみましょう。

シールをはります。
シールをはるところは
とりょうがついてない方が
ねんちゃくりょくがつよいです。
シールは手でさわるとはれなくなることがあります。
ピンセットをつかうといいでしょう。

まだとりょうがかわいていないので
きをつけてはりましょう。

シールだけがきれいだとめだってしまうので
シールの上から
ウェザリングカラーや
フィールドブルーをドライブラシするといいでしょう。

シールがぜんたいとなじみました。

さいごにはこの絵とみくらべながら
きんいろとちゃいろをぬります。

ドライブラシでぬると
カッコいいですよ。

なんかいでもやりなおしができます。
じぶんがきにいるまで
ぬったりぬぐったりしてください。


かんせいみほんです。
しゃしんをクリックすると
大きなしゃしんをみられます。


プラモデル作りを
たのしんでくださいね。

コメント

 モデラーも少子高齢化が進んでますからね。こういうイベント大切だと思います。ジョエ講師お疲れ様でした。
No title
>スズさん
ありがとうございます。
子供たちにこんな楽しいこともあるよって教えてあげたいですねぇ。
また機会があったらやりたいですね。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。