FC2ブログ

soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BT-42 OVM

2018.05.07 (Mon)
はっきゅんにスコップとかつるはしが
付属していたので、
自分で寸法出したりしなくて良くなった
OVMの複製が大体出来てるので
作ってしまいましょう。

BT-42に乗せるのは
スコップを2種類です。
設定画は棒とかもくっついてますが
無視します。
だって後部の改造をすっかり忘れて
棒が取り付けられないように
してしまっていますからw

スコップやらつるはしやらの
複製品がこちらでございます。

う~ん、なんかこれをそのまま使うのは
ちょっと厳しそうです。
特に握り手がイマイチな感じです。

そういうときはどうするかご存知ですね。
ないのなら作ってしまえほととぎす。

0.5mmのプラ棒があれば一番良かったんですが
探しても見つかりませんでした。
たしか持ってたと思うんだけどなぁ。

仕方ないので、
1mmプラ棒を伸ばして使います。

3回に1回くらいの割合で
使えるものが出来上がります。
難しいねぇこれ。
相変わらず伸ばしランナー的なものが
すっごい下手糞。
ってか、サイズを合わせるのって
すんごい難しくないですか??

複製したスコップの先端に
伸ばしプラ棒と
エバグリの細切りを組み合わせた
1/72スコップです。

横にあるぶっとい棒は
爪楊枝でございます。

途中の写真なんて撮ってる余裕ありません。
ムキーーーってなってますから。

スコップのもち手が大体0.5mmくらい。
接着がめっちゃくちゃ難しくて
これ一つに1時間もかかりました。
瞬間接着剤の表面張力が大きくて
すんごい苦労した。

設定画を見てたら、
2個目はスコップの先端が
四角いタイプなのね。

ええ、そうですよ。
プラ板から切り出して
削って四角いスコップを作りましたよ。
おかげでフルスクラッチですよ。

100均で売ってる青いカッターマットを
お持ちの方は写真と比べてみてください。
カッターマットのメモリ線が
この太さですからねっ!

2個目は少し慣れたみたいで
30分で完成。
がんばったっ!

原型作って複製しようと思ってたんですけどね、
無理っすわこれ。
手流しじゃ気泡ばっかりで
使えるようなものはたぶん出来ないでしょ。
もし複製してくれる方が居たら
ご連絡ください。まじで。

そしてそして、なんと!
どれも拡大鏡なしで作れましたよ。
まだ老眼は大丈夫っぽいですよ!w

でもね、でもね。
合わせたら頑張った甲斐あるわけですよ。

ちょっと良くないですかこれ。
いや~、頑張り甲斐がありますねぇ。

ほんと、キットにOVMが付いてりゃいいのに。



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。