FC2ブログ

soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベース

2017.08.23 (Wed)
初めてのジオラマわくわく。

枠は100均の木枠を使います。
表面にヤスリをかけてから
オイルステインのマホガニーで
塗りたくっておきます。

ニス仕上げにしようかなぁ。
持ってないからニスを買って来よう。

続いてはスタイロフォーム。
ジュアッグで使った残りが
まだまだ沢山あるのよw

枠のサイズに切り出しました。

枠にすっぽり。

無理やり入れると
木枠が壊れてしまうので
ぎりぎりすっぽりはまるサイズです。

スタイロフォームを作りたい地面の形に。
カッターでザクザク切ります。

めっちゃカスが出て
静電気でくっつきまくるので
ゴミ箱を抱えて作業しましたw

形が出来たら、
これまた100均の
ふわっと軽い粘土の茶色で
表面を覆います。

木工ボンドを塗ってから
粘土を薄く乗せます。

表面はガタガタにします。

ところどころ指紋もついてますが
気にしないw

チィラノとワニさんを
こんな感じで配置しようかと。

チィラノ vs ワニさん。
わくわくする~w

ベースがのぺっとした
均一な色なので
タンとフラットアースを
混色しながら塗りたくります。

粘土の色が透けてておっけぇ。
色の幅が出るので
うまく使わないとね。

さらにぺたぺた。

ハイライトにはタンをそのまま使ってます。

さらに色を変えて塗装です。
ダークアースとレッドブラウンと
マホガニーを混色しながら
場所場所で色を変えつつ
ぺたぺたと。

いい感じになってまいりました。

このまま進めると
ちょっと問題が発生して
復旧出来なさそうなので
一手間かけておきます。

スタイロフォームをプラ板で
ぐるぅりと囲みます。

プラ板ごと木枠にすっぽり入る
絶妙なサイズに調整しております。

プラ板の合わせ目は
瞬着でがっつり固めて
隙間が全く無いように。

先人からいろいろ苦労を聞いているので
同じことをしなくていいようにw

プラ板はジャーマングレーのスプレーで
塗装しておきました。

ジャーマングレーのスプレーは
ジュアッグのときの残り。
まだ2本ほど残ってますw

木枠にプラ板とベースをはめ込んだら
隙間に粘土をしっかりと詰めます。

これでもか!!ってくらい
ぐりぐり詰め込みました。

これで下準備が完成。
いよいよ今回の目的の
初めてのことやります。

そうそう、
後から詰めた粘土が乾いたら
ちゃんと塗っておきました。
色が違うとかっこ悪いもんね。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。