soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回ソロモンコンペ その26 台座の仕上げ

2017.07.15 (Sat)
たんぽぽ置いて
しばらく眺めてたんですが
なんか説得力がない。

アッガイたんがジャンプしてる理由も
ぱっと見てわかりにくいし、
たんぽぽだけあっても
不自然にしか見えない。

というわけで、
説得力を持たせるために
初めてのことばっかりですが、
やってみましょう。

ソロモンの大佐から
数年前に誕生日プレゼントで
頂いていた情景素材。

数年熟成させてますから
色の変化もないでしょう。

この素材の先端部分だけを
丁寧にちぎって使います。

地面に木工ボンドを水で薄めたものを
筆で塗りたくってから
素材をぱらぱらと振りかけます。

糊があるところだけにくっついてくれるので
草を簡単に生やせました。

緑が一色ではなんか不自然なので
もう一色に選んだのはこれ。

乾燥パセリ(自作)。
お庭に生えているパセリを
イモムシが発生する前にちぎって
電子レンジで加熱乾燥させたものです。
料理の彩りに使用しているものです。

例えばミルクリゾット。

スープとかちょっと緑が欲しいときに
パラパラと振りかけるだけで
オシャンティな料理になる魔法のアイテムw

ドム焼きで鰹節を使ってから
なんか変なところの垣根がなくなりましたw

緑が2色でだいぶ不自然さも消えたんですが
もうちょっと他の色も欲しい。

大佐はこんなアイテムも
プレゼントしてくれました。

なんだろこれ?w
どういうときに使うのが一般的なのか
全くわからないけど、
枝っぽい感じの素材です。
すんごいやわらかい。
ゴムみたいな感触。

先端をちょこっとだけちぎって
なぞの草にしてみました。

ほんとになぞの草w
こんな草あるのかね?

緑2色はそれぞれ生えてる位置が
固まってるようにしてます。
植生ってたぶんこんなんだよね?

水溜りは目立たないので
濡れた土って黒っぽくなるよね
ということで
水溜りを泥っぽく塗ってみました。

まだ水溜りが残ってるくらいなら
草の下の地面もまだ濡れてるよね。
ということに気がついてしまったので
細い筆で隙間をちまちましておきました。
草にも泥色がついたけど、
なんかそれもいい感じにw

最初に泥色を塗ってからだったら
すっげぇ簡単なのに
行き当たりばったりでやってるから
こういうことになります。

製作は計画的にw


これにてアッガイたんは
完成としました。
じつは締め切りまで時間があるので
もう少し手を加えたりできますが、
アッガイを囲む会
(アッ会と勝手に命名)に
本人はいけないけど、
アッガイたんを参加させるため、
ここでタイムアップとなりました。

ソロモンコンペの投票が始まったら
完成写真を公開しましょうかね。
関連記事

コメント

 すいませんでした‼そして、完成おめでとうございます。良いですねぇ、完成画像が楽しみです。パセリの使い方が料理でも模型でも同じなのが面白いですね。
No title
>スズさん
ありがとうございます〜。完成画像はもう少し待ってくださいね。実はもう準備できてるんですけどね。
言われてみれば確かにパセリの使い方同じだw最後にパラっとw

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。