soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回ソロモンコンペ その20 筆塗りの良さ

2017.07.08 (Sat)
筆塗装の良さって
ムラとかタッチのコントロール
だと思うんです。
色のグラデーションもやり易いですし。

ということで、
プライズ品状態なアッガイたんを
コクのある感じにしたいと思います。

使う塗料はこれ。

Mr.カラーのブラウンって
ほぼオレンジなんですが、
とっても素直な色なので
混色につかうととってもいいよって
あにさんに教わりました。

薄茶色はダークアースとタンを
混色しながら
グラデーションをつけつつ、
ムラに塗ります。

最近はエアブラシ塗装の
ベタッとした感じは
あんまり好みじゃないですね。
というか、
そういうのが似合わないもの
ばっかり作ってる気がw

しかし、こうなってしまうと
もうウィーゴには見えませんね。

マホガニーの上から
赤褐色とブラウンの混色で
ムラムラにします。

ブラウンほんと使いやすい。
基本色の一つに加えたい。

べた塗りの不自然さが消えて
自然な感じになりました。

イメージ的には
ノコギリクワガタの赤い個体的な
そんなイメージです。
アッガイたんは外骨格ですからw

赤っぽくムラに塗ったら
本体色の完成です。

細かい塗りわけがありますけどね。

超かわいい。

数体並べたくなります。

かわいいアッガイを目指して
作ってきましたが
どっかで見たことあるような??
って思ってましたが
何かやっとわかりました。

完全にガンダムさんでしたわ。

最初からこれ見てたら
試行錯誤が減ったのにw

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。