soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

第14回ソロモンコンペ その10 無いなら作ればいいじゃない

2017.06.28 (Wed)
足もキットベースだと
コレジャナイ感が凄いので
キットにこだわるのはやめて
自作してしまいましょう。
スクラッチも解禁w

無いなら作ればいいじゃない。
モデラーだもの。


実物見ながら
これくらいかな~という寸法で
ちょちょっと漫画書いてしまいます。

これぐらいなら
すぐに出来ちゃうよね。

それではプラ板を切り出して
ちゃっちゃと作りましょう。
工具箱にノギスが
もう一本あったので
とっても贅沢なケガキ方。

ノギスを2本も使ってるので
ケガキはばっちりです。
精度良く作るのに
こんなにノギスは要りませんw

単純な形なので
側面の板を2枚同時に切り出します。

プラ板の端の平行がでるように
精度良く切り出しておけば
斜めの線を1回きるだけで
同じ角度の板を2枚取れます。
左右の板の角度を揃えるのって
なかなか難しいんですが
この方法なら理論的に同じ角度の板が
簡単に作れます。
これは中学数学レベル。

さっさと箱組みしてしまいましょう。

斜めの面に貼る板の長さは
垂直なものより長いんですが
誤差程度なので無視して
垂直に取り付ける板と
同じ長さでやってます。
どうせ板が短くても
見えないトコロになるし。

くつも同じように箱組みで。

ほら、アッガイの足ができた。

ジュアッグでプラ板と格闘したおかげで
プラ板工作のいろんなことが
レベルアップしてます。
こんな小さくて単純な形で
カッターマットの大きさに
収まるようなパーツなら
すぐに出来てしまいます。

ジュアッグは強敵
(と書いてともと読む)。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック