soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

WAVE 1/144 LED MIRAGE その6 手は口ほどにモノをいう

2017.05.16 (Tue)
久しぶりに時間が取れました。
いつ以来でしょうか。
LEDミラージュの気になっていた部分を
進めます。

キットの手はメタル製で
ディテールが細かいですが、
ふた回りくらいデカイので
出戻り最初期に作った
WAVEのインジェクションキットの手と
交換することにしました。

10年くらい前なのに
まだちゃんとあまりパーツ持ってたよw
ちなみに本体の方は
接着剤のところが
経年変化で黄色くなってしまって
あられもない姿になってます。

MHって手が特徴的だと思うんですよね。
ここさえ押さえれば
MHらしくなると思います。

そのまま付ければ終わりかと
簡単に考えていたけど、
世の中そんなに甘くない。

隙間が目立つ目立つ。

キャラクターズのコーラスを見ながら
お絵かきします。

キットで省略されている所を
補完する感じで。

コレも久しぶりの
プラ板遊び。

精度が全然でない。
リビングじゃ光量不足で
全然見えない。
ま、そんなに見える箇所じゃないから
そこそこでいいのが救い。

プラ板に貼り付けたら
手首部分の目隠しパーツの出来上がり。


両サイドには1mm角棒を貼り付けて
設定画風に。

軸も延長してます。
0.5mm真鍮線入り。

ガレキと合わせたら

なかなかいいんじゃない?
好意的に見たらムーバブルフレームに
見えないこともないような
気がしないでもない。

右手はスパッドを持ってもらいます。
設定画風を目指します。
が、
両端が太い。
親指は塗装後に接着不可避。

人差し指を他の指から離すと
自然な持ち方に見えます。
親指を中指と向かい合わせにすると
達人っぽく見える気がします。
このインジェクションのパーツは
かなり良くできてます。
特に小指。
小指でしっかり掴んでる感が素晴らしい。
剣は小指で持つからね。

インジェクションキットでも
こんな持たせ方は想定してないので
親指が浮きます。

隙間はパテで補完します。
硬化後に彫り込んであげましょう。

なんとか右手ができました。

かなりMHらしくなったんじゃないかな。

キットの手よりかなり良くなったよね↓

元々のパーツはやっぱり
二回りはでかい。
しかもポリが丸見えw

左手も同様に。

こっちは平手で。
というか、あまりパーツがこれしかないw

面出しとかディテールとかの
細かいことはサフ吹いて
見やすくなってからにします。

パテ作ったから
ついでに隙間埋めもやっておきます。
ふんどしと腰の微妙な隙間とかに
薄くパテを盛って
ムギュっとパーツを合わせたら
勝手に隙間がなくなります。

まだまだ隙間があるパーツがありますが
また次回ですねぇ。


久しぶりの模型楽しかった~。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック