soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thorin Oakenshield その10 ベルトとかブーツとか

2016.12.23 (Fri)
ベルトは代々受け継がれて
かなりの年代ものを着けている
という設定を考えた。
さすがに、ベルトの描写まで
ホビットの冒険には書いてないよw

ムラムラに塗っておいた下地に
そのまま金属色を各種塗り重ねると
あら不思議。
ボロいベルトの出来上がり。
マホガニーとか黒とか
レッドブラウンとかを
シルバーに足して、
筆先や塗りながらぼかしたり
混ぜ合わせたり。

書き忘れてたけど、
楔帷子(?)も年代ものなので
古くなっているという設定。
あんまりギラギラしてると
雰囲気が壊れるから。

ついにヅラを接着。
隙間がすごいことになってたので
エポパテで隙間を埋め立てしておきます。

生え際が不自然だと
やっぱりヅラにしかみえないね。
南の島の地方自治体の首長も
気にしたほうがいいんじゃないかなぁ。
生え際を見せないもんねw

ブーツはヒグマ皮製にします。
ビヨルンが激オコしそうだけど。
下塗りは黒+レッドブラウン。

全体に、特に影部分を
しっかりと塗っておきます。

その上からマホガニーやら
レッドブラウンやらブラウンやら
薄茶色やらバフやら黄色やらを
ドライブラシの要領で乗せます。

筆塗りは置く色の数が勝負ってことに
ようやく気がついたよ。

でも、乗せすぎるとただの一色に見えるし
べたっとした感じになるので
塩梅が難しい。

ぺたぺた塗っていると、
突然ある瞬間に
きた~~~ってなります。
その状態で止めるのがベストなんだけど、
もっと良くなるかもって
ついつい塗りすぎるのは
絶対に模型神の罠。
今回もちょっとやりすぎ。

いい感じになってきたかな?

ベストをどうするか悩む~。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。