soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

ハセガワ35ウィーゴ もくせい その3

2016.10.06 (Thu)
フレームも勿論木にします。

フレームは強度が欲しいので
紫檀風にします。
紫檀黒檀って強い木のイメージなんですよね。
実際どうかは知らないけど。

下塗りはマホガニーにして
艦船模型用甲板色セット(1)の4番で
木目風の線を描きます。

ボディの方はかなり太めにしてみました。
力強く見えるといいなぁと念じながらw

こちらも同様です。

この上からさらにマホガニーで
細い木目を描くと
スケール感が出てくると思いますが
今回はノンスケールなので
このままにします。

本体のフレームも。

板目と柾目を迷いましたが
柾目のほうが圧縮に強そうにみえるので
そちらに決定。

手足は複雑な加工をするので
木目は心持ち細めにして
加工性が良さそうな材を使った部分。

に見えるといいなぁw

靴の材は何にするか迷いましたが
さし色的に赤系統が欲しいので
赤めの紫檀を想定。

艦船模型用甲板色セット(1)の4番の下塗りに
レッドブラウンの木目を細く短く。
その上からエナメルのオレンジと赤を
薄めに塗るとそれっぽくなります。
写真は撮り忘れました。
テヘペロ。

プラを木に変えるのは
少しは出来るようになってきたかな?
もう少しやれば技術というとこまで
持っていけそうな気がします。

関連記事

コメント

 だんだん木製品になってきますね。すげぇ~!!でも、濃い茶色だけは、色艶がなんか美味しそう…。
No title
>スズさん
茶色いのってチョコケーキみたいにもみえますよねw

管理者のみに表示

トラックバック