soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ35ウィーゴ もくせい その1

2016.10.04 (Tue)
スピットファイヤの立体塗り絵が
楽しかったので、
なんか無性に塗りたい。

こういうときのために
組んで塗るだけって状態のを
準備してる先見の明があるワタクシ。

マシーネンはなんか違う。
コッテリした塗りじゃなくて
アッサリな塗りを楽しみたい。

トンカツの次の日は
焼き魚が食べたい的なw

というわけで、クルマとも悩みましたが、
ウィーゴを選んできました

ウィーゴがこんなにメジャーになって
プラモが安く買えるようになるとは
夢にも思わなかった!
ワンヘスで買ってきてもらったのは
いい思い出。

ウィーゴは以前思いついたのがあるので
それを実現させましょう。

またもや筆塗りでいきます。
エアブラシなんて、
もう二年くらい触ってないんじゃないか?

サフレスマホガニー。
筆塗りの定番になりつつあります。
サフを吹いたのもいつのことだか
思い出せないくらいになってますw

外装は黄土色っぽいやつを
これまた直接。
艦船模型用甲板色セット(1)の1番。

こんな発色しにくい色を
水色のプラに直接ぬるのは
止めとけば良かった。

塗っても塗っても終わらない。

1時間位はかかったかな?

全体を1番で塗った後に
お腹以外を2番で上から塗りたくります。

材を違うものにしたいと思います。

木材の種類を考えながら
下塗りの色を変えてます。
行き当たりばったりなトコも
まだまだありますけどね。

自分でも予想外になると
とっても楽しい。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。