soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

Spitfire その8

2016.09.29 (Thu)
さらに塗り重ねて。

この雰囲気!
なんとなく、海外風味な気がします。
もっと明度差をつけると
模型的にメリハリが出てきますが
あまり生き生きとした模型にしたくないので
全体的にぼやっとした印象にとどめておきます。
ちなみに、実機はもっと死んだ色してました。
べたっとした塗料の色です。
よくみると筆跡がみえました。
刷毛塗りみたいでしたよ。

側面のマークを描き直します。
黄色と赤の部分の大きさが
デカールと違ったんですよね。
黄色が太すぎ、赤小さすぎ問題。
2種類あれば楽だったんですけどね。

まずはおおまかに青を重ねます。
黄色の幅は目分量。
正確な比率なんて計算しません。
めんどいw

はみだしても、気にせずに。

ある程度塗料が乾いてから
修正します。

溶剤だけを付けた筆で
はみ出しを軽くなぞってあげれば
ある程度きれいにできます。

デカールなんてただのガイドです。

正確な円が欲しいときは
マスキングしないと無理ですが、
今回は少々ゆがんでいるほうが
死んだ機体に見えそうなので
フリーハンドで。

蛇の目の青部分にも退色を入れて。

この状態からこげ茶系で
全体をウオッシングすると
全体的に締まってきそうです。
が、そんなことしたら
塗膜がぼろぼろ取れるのが
目に見えているので
じっと我慢。
つや消しでコートしてからですね。


初めてエナメル塗料だけでの
機体塗装に挑戦しましたが
なんとかなりましたね。

これまでエナメル塗料使うときって
主戦力というようりも
墨入れとかウオッシングとかの
サブウェポン的な使い方が
多かったんですが、
こんだけ塗れるとなると
サブウェポンから格上げしてもいいかな。

ここまで塗ってみた
ハンブロールの感想。

・ハンブロールは塗膜が強い。
といってもタミヤエナメルと比べると、の話。
ラッカーシンナーをバシャバシャつけると
塗膜が崩れるか、シュリンクする。
これはサフを塗装することで防げるかもしれない。
慣れているからかもしれないけど、
ラッカー系の塗膜の方が塗膜が強い気がする。
尤も、ラッカー系の塗膜はすぐに泣くので
一長一短かな。

・乾くのが遅い。
一晩おいてもまだベタベタしていることがある。
厚塗りは厳禁。
ほこり要注意!
乾くのが遅いので、
その分だけ筆目は出にくい。
私の塗り方だとあんまり筆跡はでないですが。
ハンブロールは筆塗りに適しているというのは
よく実感できた。

・白黄色等の明度の高い色の発色が
信じられないくらい良い。
ラッカー系と比べてもハンブロールに軍配。
白と黄色だけでも持っておくべき。
最後のワンポイントに塗るときに
きっと重宝するはず。

・ツヤ消しがガッサガサ。
ラッカーにタバコライオンをつっこんだのと同じくらい。
ツヤ消しはこれくらいの方が好き。
このツヤが好きなら、これだけで選ぶ価値あり。

・ボケ味のコントロールがしやすい。
境界をぼかすのに塗料が程よく残ってくれる。
エナメルとかラッカーだと
塗料を拭いすぎることがあるけど、
ハンブロールは丁度いい。
これは私の技量が足りないからかも。


トータルの感想としては
タバコライオン突っ込んだ
ラッカー系の塗料と

同じじゃない?wwwww

あ、白と黄色だけは見つけたら買っとけ!!
悪いこと言わないから!!

ちなみにハンブロールは
ちまちま買い集めて、
こんだけ揃ってきた。

これだけ色数あれば
だいたい塗れるんじゃないかな?
ほぼすべての塗料がツヤ消しですがw

 

 
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック