soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spitfire その2

2016.09.21 (Wed)
そ知らぬ顔で復活(?)してますが、
それよりも。

トップ記事にしていますが
あにさんの筆塗り講習会を
今年も開催します。

初めての方もそうでない方も、
初心者もベテランも
ご参加ください。
みんなで集まって模型作るだけでも
楽しいよ!!


主脚庫(言いにくい)と
主脚をテキトーに塗って
接着しておくと

本体の塗りに入れますね。

士の字。

塗れるようになるまでが速い!
まぁ、それなりってことなんですけどね。
72の飛行機って気楽で好き。
ま、鋲打ったり、コクピットに手を入れたり、
考証とか全くすっとばしてるからなんですがw

今回は今までにちょこちょこと買い集めてた
ハンブロールで塗りたいと思います。

英国機は英国塗料でという無駄なこだわり。
色の選定はテキトーです。
後からどうとでもなるので。
ハンブロールのガッサガサの
つや消し具合が好きなんです。

お腹はグレーです。

この超テキトーな塗りを見よ!
あと合わせ目消しもw

ハンブロールはベトベトします。
ホントに塗膜が硬化するのか
チョット不安です。

ラッカーシンナー割りの
ヨ式塗りでやってみました。
ペトロールとかの方がいいのかな?
とりあえず今回は
このままでやってみましょう。

上面をグレーっぽい青で。

これもムラムラに塗ってます。


塗りながらぼーっとしてたら
主脚庫格納特許許可審査
という早口言葉が浮かんできたんだがどうか?




関連記事

コメント

 ボクもそういう風に楽しみたいんですが、ついつい変な欲が出て、変なループにハマったりテンション下がったりでできないんですよねぇ…。
>スズさん
ガッツリやる時間なんて取れませんから。さっくり作らないとね。

スズさんは手を入れないと気が済まない性分なんでしょ?w

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。