soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

SOPWITH F1 Camel その3 計器板

2016.01.21 (Thu)
マージャン人生で
初めてこんなん上がった。

死ぬの?
もうすぐ死ぬの?


このキャメルのキットは
Weekend Editionとかいうやつなんです。
週末でささっと組んで
さくっと塗って
完成させるようなキットなのかな。

基本的にいろんな所に目をつぶりますがw
どうしても手を入れないといけないところが
ありますね。

コックピットのバーですが、
仮組みしたら
機体幅よりも短かったので
プラ板で幅増ししました。

ただの棒なら楽だったんですが、
中央に妙な形状があるので
これが真ん中になるようにしないといけません。
両側を0.5mmずつ幅増しするという
面倒なことに。

これでやっと機体幅と同じになりました。

あと0.3mmくらいは幅増ししてもよさそうですけどね。
0.7mmプラ板があればちょうどよかったかな。

計器板は木製。

木材の塗装って
ずっとやってみたかったんですよね。
ちまちま塗装で楽しそうなので。

モデルカステンから出てる
艦船用甲板カラーセットの
2番でベースを
4番で木目を描き込みました。

茶色の調色って意外と難しいので
買っててよかったカステンカラー。
ベースと木目の組み合わせを変えたら
種類が違う木の表現が出来そうです。

そうそう、そういえば確かあったよなぁ
と思って調べてみたら
木製機用カラーセットってのも
ありましたねぇ。

残念ながら、アマゾンで売り切れなので
店頭で見つけたら、買いなのかな。

でも、クリアオレンジを持ってるし
木製機用は木目描き用みたいだし、
ベース色にも使える色が入ってる
甲板用の方がいいかな。
マホガニーとかレッドブラウンとかも
みんな持ってるでしょ。
ま、甲板セットを買わないで
タンとかバフをベース色にしても
いいんじゃないかな。

私はtakumi明春さんが使ってる色の
色味が知りたくて甲板セットを買いました。
おそらく、ここからさらに調色して
使ってあるんだろうけど、
方向性が知りたくて買ってしまいました。
いつか嫁を作るとき用にw

木目を描いてから
クリアオレンジをさっと塗りました。

柾目だけだとなんか寂しかったので
節も入れてみました。
まだまだ修行あるのみですね。

計器板で練習したのは
正解かもしれません。

だって、


取り付けて


カバーをかぶせたら

ほとんどみえなくなりますから。

この調子でどんどんいこーw



第3回やります!
ご参加ありがとうございます。
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデル
模型・プラモデル ブログランキングへ
関連記事

コメント

No title
見えなくなるところへの作りこみがすごいですね。
木目が綺麗です。モデルカステンのカラーセットも面白そうですね。

この計器のところは私も老眼なので結構厳しい感じですw
いやそもそも、こんなに細かいのは作れません。
No title
>doyaさん
見えなくなるのでやりたい放題できるんですw
木目塗装は面白難しいですね。カラーセットがあると、色の組み合わせに悩まなくて済むのがいいですよ。
いつ老眼になってもいいように、拡大鏡をすでに準備しておりますw

管理者のみに表示

トラックバック