soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

ジュアッグ その31 腕の製作 その3

2015.01.26 (Mon)
いよいよ展示会まで1週間。
ドキドキしてきた(製作時間的な意味で。


腕の概形が出来たので
本体との接続部分を作ります。

プラ板切って穴あけて。

塩ビ管をぶっ刺します。
穴の大きさは塩ビ管よりも
0.1mmほど小さめにしました。
締り嵌めで固定をしっかりとしてます。
接着しなくてもいいくらいにするのが
強度を上げるコツ。

というか、下手に接着剤を流すと
プラ板が粉々にw

この板を三枚切り出したところで
寸法にミスを発見。
時間のロスも辛いけど、
材料の無駄が出るのが悲しい。

胸の底板に5mm角棒を接着します。
たっぷり角棒を買ったので
贅沢に使ってます。
特にここの部分も強度確保がキモですからね。

板を接着しなくても動かないくらい
角棒をキツキツにしてます。
やっぱりここも板の保持は接着でというより、
挟み込みで保たせる感じです。
こうしておくと、強度がかなり強くなります。
接着は補助的に使います。

腰からの補強材との位置を考えて、
力が上手く伝わるようにしてます。
長期展示にも耐えられるようにw

肩軸は12mm編み棒。

塩ビ管との隙間が結構あるけど、
問題なし。
固定を考えないと。

とりあえず、の仮組。


まぁいいんじゃない?


肩の球が身体から離れていると
カッコ悪いので、
密着させるための切り欠き部を作りました。


球が身体にメリ込む感じに。


これでどうかな?

しかしデカイわ~。

下半身をがっしりと作っているので
安心して立たせられます。

強度を確保しながら作った甲斐があったわ。
おかげで時間かかったけどね。
嫁さんが蹴っ飛ばしてくれたけど、
破損無しの脅威の強度!!

手がついたらさらにデカく見えるね。

さて、反対側を作るかorz




ご参加ありがとうございます!
よろしくお願いします。
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデル
模型・プラモデル ブログランキングへ
関連記事

コメント

すごい迫力ですね。いろいろな素材のいろいろな形組み合わさって見事にジュアッグになっていくから、すごいです。いよいよあと数日に迫っちゃいましたね。やべぇ~。
>スズさん
欲しい材料を見つける能力が一番重要な気がしますよ。
今日も寝れないぜ!

管理者のみに表示

トラックバック