soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

IMS LEDミラージュ その46 フレームユニットフレーム塗装

2014.08.29 (Fri)
フレームユニットのフレームってわかりにくいですね。
フレイムユニットのフレームってほうが
わかりやすいかな?w
ヨーガフレイム!のフレイム(古っ!)


ほとんどが紫です。
ぶわわっと一気に塗ってしまいます。


ここだけは青で。

見えるとこだから効果的なのかも。

ガンメタチームです。
ベイルの爪もガンメタで。

色の選定はあんまり深く考えてません。
こんなもんでイイんじゃない?

配管類はグレーでささっと。

瓶生使うと楽チンです。
グレーを何種類か試して決めました。

放熱マントはニュートラルグレーの
かなり黒っぽいやつで。
ⅣかⅤか忘れました。
黒にしたかったけど、
こんな大面積を黒にすると
重くなりすぎるので、
グレーにしました。


さらにつや消しをしっかりと。

かぶるくらいにして白っぽくさせました。
放熱機構ってつや消しのほうが
表面積が増えるので放熱効果があがります。

うんちく。
この形状だと伝達よりは輻射での放熱方式でしょう。
伝達方式だといわゆるしいたけ型が効率がいいです。
デロンギのヒーターなんかあの形ですね。
それに対して輻射方式は
表面から電磁線でエネルギーを放出する方式です。
こんなバケモノの輻射放熱なんて普通に考えたら
とんでもないことになります。
多分こんな放熱マントくらいじゃ足りない。
それでもどうにかこれで放熱できてるようにするには
表面積を増やしてあげると効率が上がります。
表面積を増やすということは
表面にでこぼこを作ればいいので
つや消しでざらざらにしてあげると
表面積が大きくなって輻射能力が上がるでしょう。
さらに、輻射の場合色によっても効率が変わります。
理想的な輻射ができる理想物体を黒体といいますが、
名前からもわかるように、黒が一番効率がいいです。
なので、色の選択は黒一択です。

ということで、
模型的に黒は重過ぎるので
がっつりつや消し黒グレーです。
模型的にもアクセントになってくれないかな?

熱流体工学を使って本気で放熱方法を考えても
空想科学みたいで楽しいかも。
誰かやってくれないかな。



ご参加ありがとうございます!
よろしくお願いします。
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデル
模型・プラモデル ブログランキングへ
関連記事

コメント

そういうのはジョエさんの仕事でしょw

『うんちく』解りやすくておもしろいです。
ワタシも理論に基づいた工作をしてみたいです。
>haさん
いやいや、他の人が書いたのを読みたいんです。

うんちくみたいなバックグラウンドを見せるだけでわかってもらえるようになりたいですねぇ。

管理者のみに表示

トラックバック