soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

コトブキヤ ジガバチAV その35 義眼の大男

2014.02.23 (Sun)
フィギュアってやりだすと
楽しくてしかたないです。
人間ってやっぱ面白!

やるたびに新しい発見が。
やっぱりアトラス買おうかなぁ。

今度はNATO軍セットから
こいつを使います。

もう顔があの人っぽいよね。
キットをベースにすると
かなり省略できますね。
すっごく面倒な
中心線を考えなくていいのが
ありがたいです。

キットのままでは背が低いので
腰でばっさりと切り離します。

身長190cmくらいの大男にします。
こういうときにハイパーカットソーがあるとすごく便利。
腕はニッパーでバツンと切りましたが。

職人堅気 ハイパーカットソー0.1職人堅気 ハイパーカットソー0.1
(2012/04/25)
プラッツ

商品詳細を見る

改造派には必須と言ってよいかと。

真鍮線で繋いでパテをモリモリ。
写真は撮り忘れました。

太マッチョになるように。
女子高生しか作って来なかったので
おっさん作るのが楽しいです。
全くバランスが違うし、
肉のつき方が違うので
新鮮で楽しいです。


腰で切った時は胴が長すぎるかと思いましたが
このバランスでいいんだね。
もう一人と脚の長さは一緒です。

身長はかなり高いのに。
義体でも足が短いとこに
好感が持てますw
なんかもうあの人にしか見えないw

並べるとワクワクしますね。

大男の方はちょっと腹出し過ぎたかな。
パテが固まってから
削りで対応することにします。

もう一人の髪を整えます。
設定画に丁度いい絵が載せてあるので
それを参考にします。

顔もいじったけど、
正面からだとまだまだおっさんだなぁ。

横から見るとそれっぽくなりました。

あとは色でごまかします。


ジガバチは一色だけだと
やっぱり地味なので
尾翼に黄帯を入れることにしました。

ムラムラにして現地で描いた風に。

ハンブロールだとがっさがさの
つや消しになっていいですね。
タバコライオンブチ込んだのより
がっさがさになる気がします。

やっぱり基本色を揃えておこうかな。



今日コンペの締切で
これから出してくるけど、
制作記はもうちっとだけ続くんじゃ。



ご参加ありがとうございました!
また次回お会いしましょう!
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村
人気ブログランキング
関連記事

コメント

おお、あの人も登場ですね。かなりごつくなるんですね。
足の長さが一緒というのが何ともw
ハイパーカットソーはすごく便利です。無くてはならない道具です。
黄色が良いですね。
No title
>doyaさん
あの人も欲しいでしょ。このバランスだとあの人にみえません?
ノコギリはこれ一択ですよね。切断する時間がかなり短くなりました。
どんどん小さくなるw
72フィギュアの作り込みはスゴ過ぎ!

おかげさまでハイパーカットソーは大変重宝しておりますよ。
このアニメ、“おねーさんがビルから飛び降りて…透明になったっけ”とか“なんか液体に浸かっていたような”とか“頭の後ろに線さした…”くらいしか知らないので、この人の絵見てるんでしょうけど…覚えてません。一度見ておこうかなぁ…。
しかし72だったら顔なんて…。おっさん→女性化…すごい手術ですね。
No title
>haさん
35スケールあたりでとめときゃいいのにね。
静岡で勧めた甲斐がありましたw
No title
>スズさん
たぶん、それは押井監督の映画版攻殻機動隊ですね。TVアニメ版でもそんなに違いはしませんが、TV版の神山監督版の方が好きです。見るならそっちをお勧めします。
おっさんから正面顔が変わんないんですよね。むずい。

管理者のみに表示

トラックバック