soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

PzKpfw I Ausf C その15

2013.05.01 (Wed)
今日からもう5月ですよ。
メーデーメーデー。

追加工作編です。

ライトのコードを追加しました。
I号戦車C型で検索して見つけた
ものすごく参考になるブログから
まるパクリしてます。
というか、作り始める前に
そのブログを見つけなくてよかったです。
あれを読んでたら、
たぶん、ここまで組んでません。
まだ工作しまくってたと思います。
ガクブル

反対側も。

外径0.8mmのアルミパイプと
0.3mmの真鍮線の組合せです。
パイプを曲げるときに
角が潰れるかと思ったけど
結構なんとかなるもんです。

これだけ作るのに、片側1時間。
材料の切り出しは1分もかからないのに
なんでこんなに時間がかかるかというと、
接着がなかなかうまくいかなかったのです。

細かいパーツを所定の位置に付けるのは
苦労します。
それでも、ごちゃっとしたところが出来たので
やってよかったです。
戦車ってのっぺりしてるから
粗密をうまく作らないとね。

これで工作が全部終了です。
起動輪と履板で苦労しましたが
その他は工作点では
特に問題なかったですね。
実車とは全然違いますが。
それは言わないおやくそく〜。


サフ吹いてチェックしましょう。

大したことしてないので
ゲート処理のチェックくらいですね。

サフ前にはもちろん
エッチングパーツに
メタルプライマーを塗っています。
危うく忘れるところでした。
ハンドピースにサフを入れたところで
気が付いたので
筆でばばっと塗っておきました。

サフはいーかげんです。

透け防止にちゃんと塗ったのは
フェンダーくらいです。
あとはむちゃくちゃな塗りです。
ゲートの跡だけチェック出来ればいいんです。

パーツの傷?
使用感出ておーけー。
下地の色が均一じゃない?
この上から暗い色を塗るから問題なし。
パーツが透ける?
この上から暗い色(ry
塗膜がはがれる?
リタッチでおっけぇ。

いやぁ、楽チンです。
やっと塗りに入れるぞ〜〜!!
今回はやったことがない
塗装に挑戦してみます。

って毎回毎回やったことないこと
ばっかりやっとるがなw
ほんとやったことないことって
いろいろあるもんです。
自分のものにするのは
一体いつなんでしょうかねw


↓面白かったらクリックお願いします。
順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック