soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

第6回ソロモン選手権 その20 追加工作

2012.06.24 (Sun)
昨日からもやしもん一番くじが始まりました。
早速4回やったところ、
ストラップ2個、フェイスタオル、グラスと
なかなか良いばらけ方でした。
今日も一回だけやってみたら、
一番欲しかったのがキました。

セレビシエ結城蛍バージョン。
一番くじは一日一回までで我慢しておこうと思います。


今日は最後のエアブラシ塗装の予定にしていましたが
雨降りなので窓が開けられないので断念です。
その代わり、追加工作してみました。

ポーズをとらせると、
どうしても丸見えになっていた肩軸。
基部の方はマルイチとか付けて
デコレーションしていましたが、
軸自体はな〜〜んにもしてません。
この写真みたいに、チラチラ見えるのです。
右肩軸に注目。

この状態で丸見えでは興ざめなので
それっぽく加工します。

軸なので回転やら伸長やら
いろいろ複雑なことが出来そうに
見せたいですね。
最初に浮かんだイメージはこれ。

ルービックキューブが大流行りしたころに
買ってもらったパズル。
名前はわかりません。
おかげで画像探すのに苦労しましたw

それから、次に浮かんだのがこれ。

クリプテックス。
ダヴィンチコードに出てくる小道具です。
小説版では結構詳しく説明されていて
かなりメカメカしい描写でした。

こいつらをイメージソースに
軸のデコレーションをやりましょう。
まずは、6mmパイプを1mmで切断。

こういうときもパイプカッターがあると便利ですね。

次に取出したのはタイラップ。

これのぎざぎざ部分を使います。

両端の部分を切り落としてしまいます。

ほしいのはぎざぎざのみ。

さらに取出したのは
直径0.55mmのほっそいリード線。

7色セットのやつを在庫にしてますが
模型製作だったら、一生もののような気がします。

これらをちゃちゃっと組み合わせます。

輪切りでギザギザを挟み込むように。

隙間には

リード線を埋めて出来上がり。
お手軽です。
難しいのはデザイン。
リード線を赤と黒とか
色を変えるとまた面白いですが、
とりあえずは全部同じ色で塗る予定。

これならチラ見えしても大丈夫。


これだけなので筆塗りで
ささっと仕上げます。

RLMなんとかのグレーを使いました。
RLMシリーズ種類大杉。

これで見えても恥ずかしくな〜〜い。


これで思いつく所は
全部工作終わったかな?

また気がつくかもしれませんが
それはまたそのときに。


↓面白かったらクリックお願いします。
順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック