soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回ソロモンコンペ その2 とうこつ!

2012.06.03 (Sun)
副タイトルはとんこつの間違いじゃないですよw

ガルスJのガルスっぽさは
腕にあるんじゃないかと
思う今日この頃です。

ひじからにょ〜んと伸びた2本の棒。
デザインソースは橈骨(とうこつ)尺骨(しゃっこつ)という
前腕の2本の骨だと思うのです。
人間の場合はこの2本の骨が
複雑に動くことで手首をねじったりしてます。
デザイナー的には
新しく解剖学的デザインを導入とか
手羽先食べてて思いついたとか
いろいろあるのかもしれませんが、

めんどくせぇぇぇぇ!!
どうやって手首が回るようにしたらええねん!(エセ関西人)

と、愚痴っていても仕方ないので
冷静に考えてみます。

手首を回したい
→2本の棒ごと回ればいいんじゃね??
→2本の棒が入るサイズのパイプでも前腕に入ればいい
→前腕内部の寸法は8mmx8mm
→8mmパイプを使う
→8mmパイプの内径は6mm
→6mmパイプに2本の棒を取り付ければいい。
→2本の棒は2.5mmプラ棒の予定
→ぎりぎり6mmパイプに入りそう。
→なんとかいけるんじゃね?
という単純明快な発想の元、
実際にやってみた。

6mmパイプを切り欠いて
2.5mmプラ棒を黒瞬着でがっちりと固定。
6mmパイプの切り欠きは現物合わせ。
手首とプラ棒は虫ピンを通して
がっちりと固定出来るようにしてます。
このモジュールが8mmパイプの
中に収まってくれれば、8割方終了。

実際にやってみた。

適当な長さに切り飛ばした8mmパイプを
前腕に差し込んでから
作ったモジュールを入れてみる。


すっぽり入った!!


回転も問題なし!
おっけぇ!!
これで機構は十分でしょ。

これではすぐに抜けてしまうので
抜け防止用に前端近くに
プラストライプの細切りを接着しときます。

ついでに外側もデコレート。

これで試作としては十分成功でしょ。


腕を伸ばしても取れない!


回転も問題無し!


後は8mmパイプの固定です。
キットと同様の出っ張りを
2mm角棒で作ってやります。

これで前後左右方向もがっちりと
固定出来ます。

試作品なのに段落ちモールドも彫ってみました。

これでバッチリ。
ここはもう少しディテールを増やした方が良さそうです。
なんかアイディア降ってこ〜い。

とりあえず、左右の比較。

作り替えた方が強そうでいい感じです。
これでポージングの幅も広がるし
カッチリした感じになりました。

この調子でがんばるぞ〜。
週末しか出来ない気もするけど。


↓面白かったらクリックお願いします。
順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。