soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ 1/72 零戦52型 その2 コクピット内部と主翼の組み立て

2012.02.27 (Mon)
もう2月も下旬というのに
結構寒いです。
はやく暖かくなってほしいですね。
窓開けてエアブラシ塗装も出来ますし。

当ブログ初のロボットじゃない製作記です。
今日も順調に零戦製造が進んでいます。

仮組みして、擦り合わせもなにもしなくてよかったので
胴体内部を仕上げてしまいます。

取説通りに指定色で塗って
パーツを取り付けるだけです。
ガンプラと違って、どうのこうのしないので
サクサク進みます。
コクピット内部のパーツが小さいので
ピンセットを使って取り付けます。
パーツを飛ばさないようにヒヤヒヤしました。

胴体を貼り合わせている間に
主翼も片付けてしまいます。
脚収納庫部分に指定の青竹色を筆塗りです。

翼の厚みをうまく使って
収納庫の奥行きを出しています。
なかなかうまい設計です。
って、飛行機初めて作るんですけどねw

脚収納庫が終わったら
コクピット下をエナメルシルバーで。

取説ではフラットアルミになってますが、
どうせ暗くて見えないのでこれでもいいでしょ。
翼も流し込み接着剤で貼り合わせておきます。

とかやってる内に
胴体の接着剤が粗方乾いたので
合わせ目を処理しておきます。

合わせ目の上から瞬着を
すこ〜〜〜しだけ盛って
スポンジヤスリのSuperFineで仕上げます。
上から瞬着を盛っているので
合わせ目のヒケを気にせずに
すぐにやすってしまいます。

胴体内にコクピットを設置しましたが

よく見えないですね。
赤と銀でちょこちょこと塗り分けしたのに
よく見えないのが悲しいとこです。
よくよく見ると、アクセントで置いた
赤がみえて精密っぽく見えるので
良しとしましょうか。

明日は士の字にしたいですね。
そこまで終わると脚と増槽くらいなので
本体の塗りに入れそうです。

このスピードで作れるなら、
来年の松の内モデリングのお題にしても良さそうですね。
擦り合わせがいらないので
こんなに早く進むんだと思いますけどねw


↓面白かったらクリックお願いします。
順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。