soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

指定期間 の記事一覧

第14回ソロモンコンペ その7 パテパテ埋め埋め

2017.06.20 (Tue)
正解するカドが面白いですね。
未知との遭遇なSFで
毎週楽しみにしてましたが
9話から話が急転直下で
最終話がほんと楽しみです。
どうなるんだろう??


前回円柱から円錐にした
腕のパーツに
フレームを埋め込んで
下腕と接着しました。

隙間がすごいので
パテ埋め不可避です。

ついでに口の隙間にも
パテを突っ込んでおきました。

この口の部分は難しいですね。
セメダインしかない
小学2年生(当時)には
ちゃんと作れなったのも
納得できる部分です。

小学2年生の俺見てるか~~?
難しかった部分も
大人になったら
きれいに作れるようになるぞ~w

パテが固まるまで
他のところの作業で時間を潰します。

靴先の角度がどうにも
かわいくないと思ったら
角度が変わってるからみたい。
なので角度変更です。


靴先をばっさりと切り落として


プラ板を貼ります。

これでのっそりした足になったかな。

パテが固まったら
スポンジやすりで
余分な部分を削り取ります。

肩から滑らかに繋がったけど
なんかまだちょっと違うかな?

ここはライン変更ですね。
パテで裏打ちして
削り込むことにしましょうか。

第14回ソロモンコンペ その6 算数で模型

2017.06.16 (Fri)

モモのパーツには
パテを盛っておきます。

段差やらアナやら
消したいですからね。

パテが硬化する間に
別のとこに手をつけます。

腕やりましょう。
腕もこのままではおおきいので
小型化しますよ。

あまり深く考えずに
切り取るようになりましたw
切ってからでも
どうとでもなるもの。

まずは計算から。

必要な寸法だけ測って
スペペっと描く
いつものテキトーな図。

円柱のパーツを円錐に
変えたいので
円周を計算したった。

図ができてしまえば
勝った!第3部完!

必要なトコだけ切り出して

ギリ直線近似できるくらいの
幅に切り分けて


図の通りにさらに切って


貼り合わせれば

円柱から円錐の出来上がり。
簡単ですねー。

今回の勝利の鍵は
図で寸法を%で描いてるトコ。
%で描いておくと
同じ大きさに切り分けるとか
時間かかる癖に
出来上がりに全く関係ないことを
しなくていいんです。

テキトーに切り分けて
ノギスで幅を測って
スマホの電卓で計算して
ノギスで切り取り線を入れて
ニッパーでバチンと切っておしまい。
こっちの方が圧倒的に速い。

寸法なんて
トータルで辻褄が合えばいいんです。
エライ人には(ry

久しぶりの計算模型でした。



第14回ソロモンコンペ その5 ガイドテープ

2017.06.15 (Thu)

モモのパーツです。
長い~~!


とりあえず、フレームを入れる
アナを開けておきます。


現物あわせで長さを決めて
切断!

ガイドには救急箱にあった
固めのメンディングテープを
使ってみました。
結構いいかも。

足は三段構成です。
モモは元の作りとは
逆さまにして使いますよ。

足の基本ラインは
こんなところかな。

SD作ってるつもりはないのに
なぜか溢れ出るSD感w

第14回ソロモンコンペ その4 

2017.06.14 (Wed)
いま一部で話題沸騰中の
ヒーローバーヘンシンへ行ってきました。
コアな感じの概観。

前を通るヒトがガン見しながら
通っていきますが、
中には入ってこないw

店内はおもちゃ箱みたい。

特撮モノはガンダム以上に知らないので
よくわからなかったんですが、
なんだか楽しかったですw


元のラインから
変わりましたねぇ。

スネは長さも半分近くになってます。

靴もスネに合わせて
合わせ目でナナメにしてます。

5mmくらいは切ったのかな。
もう覚えてないw
反対側の時に苦労しそう。

カカト側は切りすぎたので
プラ板の切れ端を
ナナメに削って
現物あわせです。

合わせ目がドンドン増えます。
瞬着でやっちゃうから
もう気にせず加工しまくりです。

靴正面も角度変更します。
おおきな隙間ができてたのでw

ガッツリ切り取って
プラ板でフタしました。
思い切って切り刻んだ方が
早いですねぇ。
キットは芯とかガイドくらいに
考えてた方がいい気がしてきたw




第14回ソロモンコンペ その3 切った貼った

2017.06.13 (Tue)

スネの加工です。
底の面を切り取ってみます。

フレームに取り付けるんですが、
フレームをいじらずに
出来たら楽だなぁと。

正面から見たときに
膝が太すぎる気がするのと
スネも全体的に太いので
ナナメに削りました。

かなり切り取りました。
外側のパーツだけ加工すると
後のすり合わせが
チョットだけ楽。


膝をすぼめたら
側面からのラインが
おかしい。


テキトーなとこで切断します。

靴とスネの後ハメが出来るように
ハの字に切り取ってますね。
いつの間にw

ナナメに加工。

元のラインから結構変わりました。
こうなるとさらに加工しないと
ダメですね。
やればやるほど
やることが増えるというねw

第14回ソロモンコンペ その2 すこしずつ・・・

2017.06.09 (Fri)
旧キットいじくるのも
たのしいですねぇ。
あんまり進んでないですけどw

頭の下側はがっつり段差ができてました。


こんな段差だったら
黒瞬着より
パテでやったほうが良さそうです。

パテの方だと
あらかじめ形を決められますから。

これで左右の形が揃いました。

サフを吹いてから
消える段差の処理をします。

足は長すぎるので
5mm切断します。

面倒だったので
切り取り線を付けるのに
遂にノギスでがりがりやってしまいました。
ノギスの先端では
長さを測れなくなりましたw

ハイパーカットソーで
すぱっと切断。

楽だし早いし綺麗。

腿はどうしようかなぁ?

第14回ソロモンコンペ その1 久々の旧キット

2017.06.06 (Tue)
前回のソロモンコンペでは
ドム焼きという
ほとんど作る気無しな感じで
参加したんですが
今回はちょっとだけ工作して
参加しようと思います。

毎度のことながら、
キットだけは締め切りの
何ヶ月も前に早く手に入れて
作る気だけはあるけど
締め切りに間に合わなくなって
結局出せなかったり
突貫で作ってしまって
申し訳ない気持ちになりますが
今回はちゃんと間に合わせたいと思います。
決意表明。

次回のお題はアッガイ。
クリック拡大。

みんなで参加しない?

そういえば、
アッガイは前にMGを作ってますね。
第4回ソロモンコンペ
アッガイのネズミーランドバージョンでw
ソロモンから持って帰ってきてます。
修理待ち。

ということで、
トムソーヤに駆け込んで
旧キットを1ヶ月ほど前には
確保していたんですよ。

ラブリーな箱絵。

みごとなモナカでした。
ほんと清清しいくらいw
完成写真でも
合わせ目を消してないのは
非常に好感が持てます。
商品写真に偽りなしw

上半身は頭まで一体成形。
頭だけが欲しいので
切り取りました。

タガネやらハイパーカットソーとか
道具が良いので
あっというまに切り取れます。
前は苦労して切ってたのになぁw

瞬着でちゃちゃっと
頭を貼り合わせますが

さすが旧キット!
段差がゴイスー!
どうせ段差がでるんだから
処理が面倒なところが合うように
パーツを合わせました。

黒瞬着をモリモリして
段差を消しました。

スポンジやすりが無かったら
即死だったぜ。
ひけてるところもついでに修正。

こういうのが旧キットの敷居を
高くしてる理由なんでしょう。
切り刻んで遊ぶには
丁度いいんですけどねぇ。
切り刻んでも合わせ目消しとか
段差埋めとかは
やっぱり必要ですけど。


アッガイの頭で
どら焼きを作るってネタも考えましたが
今回は却下。


WAVE 1/144 LED MIRAGE その11 手首がイテェ

2017.06.02 (Fri)
お仕事で3時間ブッヅケで
壁に落書きをしてたら
手首を傷めてしまいました。
腱鞘炎っぽいので
なぜか家にあったロキソニンテープを貼って
様子を見てましたが、
全くよくなる気配がないです。

しょうがないので病院にいって
壁にらくがきしたら痛くなったって話したら
”どうしようもないよねぇ”
という診断で
塗り薬の痛み止めを処方されました。
塗り薬なので湿布みたいに
剥がれる心配ないのがいい!!

スティック糊みたいに
底をひねると薬がでてくる。
便利なものがあるんですね。
ちょっと痛いと思ったときに一塗り。

これでまた落書きができるw

手首が痛いので
模型があんまりできません。
休み休みで30分くらいが限界。

ということで
時間かかる作業を始めました。
メタルパーツはやっぱり嫌なので
型を取ってパテに置き換えます。
レジンでもいいんだけどね。
粘土シリコンの寿命が近いし
どうせ片面取りでいいので
簡単なほうにしました。

シリコンが硬化したら
エポパテを突っ込んでみました。


硬化したら
面出しして整えます。

側面のディテール作るのが面倒ですが
締め切りなんてないから
のんびりやります。

 | HOME |