soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

HG ティエレン (完成) の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG ティエレン1 仮組み開始

2009.06.23 (Tue)
今日からはHGティエレンの製作に入ります。
OOは実は見ていないのでわからないのですが
デザインは結構好きです。
ファーストが今風に足が長くなったらいやですけどね。

足元から作っていきます。

作ったパーツを順に組んでいけるのが好きで
大抵、足から作っていきます。
今回は武器が楽そうなので本体から製作開始してみました。

上半身。

ドムみたいです。
この顔が埋まった感じがいいですね。


武骨な感じがいいですね。
いかにも量産型という感じです。

仮組みくらい一日で終わらせたいのですが
なかなかそうもいかず。
明日で仮組みできそうです。


↓いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

人気ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト

HG ティエレン2 仮組み終了と製作テーマ

2009.06.24 (Wed)
やっと仮組みが終わりましたよ。


相撲の立ち合いか、アメフトのラインの様です。
この機体、なんかすごく気に入りました。

ライフルつけました。

いまにも飛び掛ってきそうです。
こういう感じでライン作って数で押して来られたらいやですね。
芋洗坂係長が集団でせめてくるようなw

さて、一応、毎回決めてやっている製作テーマを考えましょう。
今回は量産機でかなり武骨・泥臭いというイメージを持ちました。
ティエレンを褒めてるつもりですよ、この表現は。
それで、アストレアと組み合わせたいので
すっきりとしたアストレアとは対照的にしたいと思います。

ということで、やられキャラでドロドロを目指します。
今回はちょこっとディテールアップします。
油臭い私のセンスでも似合いそうな期待なので
プラ板をぺたぺた貼っていこうかと思います。
HGに憑き物の肉抜き穴ですが、今回は埋めません。
埋めずに生かすという方法にチャレンジしてみます。
いつも埋めてモールドってしてましたが、
違った対処法があってもいいんじゃないか、ということで。
ティエレンは量産機なのでアーマー裏等に
あまり手を掛けていない感じを出せるといいな、と。
大量生産でマテリアルもケチって安く上げてる風にできないかな。
逆にワンオフ機との差別化もできるんじゃないかと
期待してます。
方法はそのときに行き当たりばったりで考えますがw

それではまた明日。


↓いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

人気ブログランキングに参加しています。

HG ティエレン3 合わせ目消し開始

2009.06.25 (Thu)
合わせ目消しに入ります。


合わせ目が出るもの、そのままいけるものと
後ハメ加工が必要なものと肉抜きがあるものに分けます。
肉抜きの処理が必要なパーツはあまりないですね。

まずは何も考えなくていい合わせ目消しから。

黒瞬着で一気に終わります。
頭てっぺんと側面のの凹みモールドは
0.8mmのドリルで深く彫りなおしておきました。
脛とすその間は深く筋彫りして別パーツに見えるようにしています。
腕のモールドも彫りなおしです。

今回は出来上がったものから順に洗浄していきます。

洗浄といっても、漬け置きが主ですけどね。

ライフルの合わせ目は隙間がかなりありました。

黒瞬着で埋めてヤスリがけです。
ライフルはこのまま素組みにします。
安っぽい大量生産風。


↓いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

人気ブログランキングに参加しています。

HG ティエレン4 後ハメ加工

2009.06.26 (Fri)
膝の後ハメ加工です。
後ハメはここだけですね。

まずは可動域の確認です。
この状態から


ここまで動きますね。

可動に支障がなくて、関節を後ハメのために
切込みをいれられる部分を考えます。

その結果、ここなら大丈夫と決めた部分がこちら。

この部分は塗装後にはめ込みます。

お次はランドセル?です。

ランドセルというか、通信機器にみえます。
通信兵のようです。

ここもプラ板を貼ってディテUPします。
面出しにもともとのモールドが邪魔なので
けずり取ってしまいます。

ここはディテUPでなくても
削り取ってから処理したほうが楽だと思います。

今日は少ないですがここまで。


↓いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

人気ブログランキングに参加しています。

HG ティエレン5 アーマー裏デザイン

2009.06.27 (Sat)
Rアーマーの裏のディテールを考えます。
今回は裏を埋めないでディテールをいれて
アーマー裏のデザインに説得力を持たせたいと思います。

まずはいつものようにプラ板でモールドする方法です。

きっちりと合わせたプラ板を切り出して
合わせます。

プラ板を外したらデザインを考えます。


切り抜いたものを合わせてみます。

トラス構造で強度を確保している感じですね。
トラス構造というのは体育館の屋根裏のような
三角の構造で強度を確保する方法です。

他のデザインを検討してみましょう。

右側に1mmプラ棒で梁を入れてみました。
こちらはラーメン構造のイメージです。
ラーメン構造は四角の骨組み構造です。
ラーメンって博多ラーメンのラーメンではなくて
ドイツ語のRahmen(額縁)が由来ですよ。

プラ棒が入らないので少し変更してみました。


トラス+ラーメン。

う〜〜〜ん。
なかなか決まらないのでこのままにしておきます。

合わせ目消しの続きです。

腿は力がかかりそうなので
プラ用セメントできちんとプラを溶かして接着しておきますよ。

前ふんどし?部分の棒を作り変えてディテUPしてみました。

こちらの方が処理も楽ですね。


↓いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

人気ブログランキングに参加しています。
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。