soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

1/48 SOPWITH F1 Camel(完成) の記事一覧

SOPWITH F1 Camel その1 あこがれの複葉機

2016.01.19 (Tue)
制作スペースはものすごく寒いので
しばらくはあったかい居間で製作します。

ふみなさんといちゃいちゃ
デュフフフしたかったけど、
顔の加工で散らかるので
居間では出来ません。

先日あにさんに連れて行ってもらった
スケール専門の模型屋で
買うたやめた音頭を踊って買ってきた
複葉機を開始します。

飛行機だと複葉機が一番好きなんですよね。
ジェット戦闘機はかっこいいと思うけど、
なんかロマンがない。
この頃の飛行機って機構も簡単で
スピードもそんなに出ないし
人間臭くていいんですよね。

今まで手を出してなかったのは
どのキットがいいかわからなかったからです。
あにさんにeduardなかなかいいよ
って教えてもらったので踏ん切りがつきましたw

ではでは早速制作です。
やっぱりエンジンから。

ゲートなのかパーツなのか
わかんないくらい細い部品だったので
いくつか切りすぎてしまいました。
0.5mmのプラ板を隙間に入れて
なんとか対処しました。

ヘッドの所は一体だったので
彫り込んでいます。

ここはタブン弁の開閉機構だよね。

このエンジンは
クレルジェ9B エンジンだそうだけど、
写真を見たらプラグっぽいものがあったので
追加工作しておきます。

まずは0.7mmプラ棒をぶっ刺します。


電子部品屋で買ってきておいた
ほっそい銅線を取り出してきました。

PU皮膜なので中身が丸見えです。
LED配線するときに使おうと思って
買っておいたんですが、
まさかここで役立つとはw

プラ棒に差し込んで
瞬着で固定します。

プラ棒には0.3mmの穴を開けてます。

なんとなく後ろ側に線を回して
できあがり。

実際とは違うんだけど、
なんとなくそれっぽく見えればいいかな。



第3回やります!
ご参加ありがとうございます。
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデル
模型・プラモデル ブログランキングへ

SOPWITH F1 Camel その2 エンジンロールアウト

2016.01.20 (Wed)
もうすぐFMS3ですね。
今年は実行委員の仕事が
後手後手になってしまって
参加者の皆様にはご迷惑をかけまくりで
申し訳ありません。


クレオスのメタルカラーで
エンジンをささっと塗りました。

飛行機って塗装と工作を
行ったり来たりするから
筆塗りだと楽に作れます。

これをエアブラシではやりたくないw

ほっそい配管が折れたけど、
上からさらに塗ればわかんないでしょw

プラグが付くと精密感がいい感じですね。

1/48でも結構小さいですよ。

裸眼でいけたので
まだ老眼は大丈夫みたいですw

本体と仮組み。

エンジンかっけぇ。
最終的には木材と布と金属の違いで
かっこよくみえる・・・はず。

エンジンカバー。

うん。
知ってる。
作ったとこは見えなくなる。
自己満足できたから大丈夫。

隔壁はシルバー筆塗り。

金属色も筆塗りできるようになりました。
ムラが出た方が味が出て
かっこよく見えると信じてますw

ちなみにこのエンジンは
ハセガワからキットが出ていて
マシーネンでよく使われてるみたいです。
そういえば、マシーネンコーナーで
見たことありますね。

こういう資料がたっぷりあるモノって
調べまくるとあそこもここもとなって
全然完成しなくなるので
これくらいでエンジンはロールアウトにしますw



第3回やります!
ご参加ありがとうございます。
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデル
模型・プラモデル ブログランキングへ

SOPWITH F1 Camel その3 計器板

2016.01.21 (Thu)
マージャン人生で
初めてこんなん上がった。

死ぬの?
もうすぐ死ぬの?


このキャメルのキットは
Weekend Editionとかいうやつなんです。
週末でささっと組んで
さくっと塗って
完成させるようなキットなのかな。

基本的にいろんな所に目をつぶりますがw
どうしても手を入れないといけないところが
ありますね。

コックピットのバーですが、
仮組みしたら
機体幅よりも短かったので
プラ板で幅増ししました。

ただの棒なら楽だったんですが、
中央に妙な形状があるので
これが真ん中になるようにしないといけません。
両側を0.5mmずつ幅増しするという
面倒なことに。

これでやっと機体幅と同じになりました。

あと0.3mmくらいは幅増ししてもよさそうですけどね。
0.7mmプラ板があればちょうどよかったかな。

計器板は木製。

木材の塗装って
ずっとやってみたかったんですよね。
ちまちま塗装で楽しそうなので。

モデルカステンから出てる
艦船用甲板カラーセットの
2番でベースを
4番で木目を描き込みました。

茶色の調色って意外と難しいので
買っててよかったカステンカラー。
ベースと木目の組み合わせを変えたら
種類が違う木の表現が出来そうです。

そうそう、そういえば確かあったよなぁ
と思って調べてみたら
木製機用カラーセットってのも
ありましたねぇ。

残念ながら、アマゾンで売り切れなので
店頭で見つけたら、買いなのかな。

でも、クリアオレンジを持ってるし
木製機用は木目描き用みたいだし、
ベース色にも使える色が入ってる
甲板用の方がいいかな。
マホガニーとかレッドブラウンとかも
みんな持ってるでしょ。
ま、甲板セットを買わないで
タンとかバフをベース色にしても
いいんじゃないかな。

私はtakumi明春さんが使ってる色の
色味が知りたくて甲板セットを買いました。
おそらく、ここからさらに調色して
使ってあるんだろうけど、
方向性が知りたくて買ってしまいました。
いつか嫁を作るとき用にw

木目を描いてから
クリアオレンジをさっと塗りました。

柾目だけだとなんか寂しかったので
節も入れてみました。
まだまだ修行あるのみですね。

計器板で練習したのは
正解かもしれません。

だって、


取り付けて


カバーをかぶせたら

ほとんどみえなくなりますから。

この調子でどんどんいこーw



第3回やります!
ご参加ありがとうございます。
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデル
模型・プラモデル ブログランキングへ

SOPWITH F1 Camel その4 コクピット周り

2016.01.22 (Fri)
昨年のこの時期は
ほんとに気が気じゃなかったなぁw
かなり切羽詰まってしまってて
ヤバイ状態でしたからねぇ。
今年は今年で仕事が忙しくて
切羽詰まっていますけどもw


コクピット周りをどんどん作ります。
椅子は編み込みの椅子らしいですが
デカールで表現するようになってました。
でも、デカール貼っても
よくわからないことになってます。

椅子の後ろは燃料タンクなのかな?
調べてもよくわかりませんでした。

指定ではマホガニー色になっていたので
木製の燃料タンク(!!)にしてみました。
木材はマホガニーのつもり。
被弾したら一瞬で火だるま。

覗き込まないと見えないから
練習には丁度いいかな。


機体内側です。
これを塗り終わったら
士の字に出来ますね。

内側はセールカラーということでしたが
そんな色持ってないので
白いキャンバス地を
勝手に想定して
フィニッシャーズのルナティックフラッシュです。
クリーム色でなかなか使い勝手が良い奴です。
白のところによく使っております。

コクピット付近は木の桟があります。
この部分の外板は木製になるので
全部木にしてもよかったんですが、
内側はキャンバスが貼られていて
その上に桟があるという
実際はどうなってんだか
しらねーよな構造にしてますw

塗り分け面倒いし、
きれいに塗り分けられなかったので
やっぱり全部木材にすればよかったかも。

計器板と座席はこんな風に取り付きます。

この状態なら中身も見えるので
頑張る甲斐があるんですけどねぇw

流し込みと瞬着で
がっちりと接着しておきました。

最近は流し込みと瞬着の
併用が増えてきたなぁ。

やっぱりジェット機より
作っててワクワクします。
複葉機模型好きを増やしたいですねw

増えない理由はなんとなく気がついてるw



第3回やります!
ご参加ありがとうございます。
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデル
模型・プラモデル ブログランキングへ

SOPWITH F1 Camel その5 木材

2016.01.24 (Sun)
寒い。
めっちゃ寒い。
福岡でこんなに雪が積もったのは
かなり久しぶりです。
本来の模型製作場所の温度が
3.6℃とかになってました。
うん、ここじゃ模型なんて無理。


機体は合わせ目があるので
瞬着で消しますが、
ついでに内側の骨がみえるような加工を
合わせ目付近にも彫り込んでおきました。

内側の構造が見えてくると
本物っぽく見えるかな?

いよいよお楽しみの
木目塗装の本番です。

ベースを塗ってから
木目をちまちま描き込みます。
板目の木目にしました。

この部分って構造材ではないので
実際も柾目はあんまり使われなかったんじゃないか
という妄想全開です。

クリアオレンジを薄ーく塗って
赤みをプラスします。
表面はニス仕上げっぽく。

なんか木材っぽくなった!
これなかなか楽しい!


外板は全部同じ木材を使ってることにしてるので
同じ色目になるようにがんばりました。

クリアオレンジがムラになった方が
自然に見える気がします。
でも、そのムラの調整が
ものすごく難しい。

金属と木の違いがいい感じです。
ただのクレオス6番シルバーなのに
横に木材がくると
急に金属っぽく見えてきました。

これが対比ってやつか~。
あにさんの言うとおりやなぁ。
なかなか咀嚼して消化して吸収して
自分のものにならないけど
少しずつだけど、
分かってきた気がする。



第3回やります!
ご参加ありがとうございます。
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデル
模型・プラモデル ブログランキングへ
 | HOME |  Next »