soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

メカコレ 超巨大戦艦 (完成) の記事一覧

メカコレ 超巨大戦艦 その1

2014.01.14 (Tue)
松の内モデリングで
サクッと松の内に完成させる予定だった
ものはこいつです。

ズォーダー大帝って誰?
ヤマトって2199を見ただけなので
あんまり知らないんです。


なんでこれを選んだかって?

艦これで艦船ブームですから。
ここは艦船を作るしか。

ついでに長門がいなかったので、
戦艦を作れば長門が来てくれるんじゃないかと。
描けば出るって言うし、
作れば出るんじゃないかと。

在庫には1/700の長門だけ。
これはちゃんと作りたいので
松の内ではやらない。

ほかには・・・。
なんで持ってるのか意味が分からない
メカコレだけ。

パーツも少ないし、すぐ出来あがるでしょ。
というわけです。


ってやってたら、
イベントマップで
ねんがんのながとをてにいれたぞ!
nagato02.png
ハァハァ
強いぜ!
でかいぜ!
大食いだぜ!!
パンツァーフォー!(エ


緩和休題。
超巨大戦艦ですが、

パーツ少なッ!
あっという間に組みあがりますが、
コレじゃない感がすごいですな。
お菓子のおまけに毛が生えた程度。

船体は男らしい最中。
さすがは200円のキット。

全く知らないので、
箱絵を参考にします。

艦首のライト?ミサイル?が
何もないので、
くりぬいて追加します。

裏から丸棒の先端を丸くして
接着すればそれっぽいっぽい。

松の内のノーマル素組の誓いを
速攻で無視してます。

その横の格納庫?ミサイルベイ?も
微妙なスジ彫りだったので
作ってしまえ。

エバグリのプラ材が大活躍です。
使ったのは100番。
0.5幅x0.2厚。

隙間は1mm。

なんとか両側同じに出来ました。
艦首が見れるようになればいいんじゃない?
ということで、作り変えはここだけ。
肉抜きも無視。
パテを使うのは我慢できたぞ!w

艦首中央のディテールも合わせ目消すのに
面倒だったので、
そぎ落としてしまいました。

安いキットは手がかかります。
来年の松の内モデリングは
もすこし高いキットにします。



ご参加ありがとうございました!
また次回お会いしましょう!
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村
人気ブログランキング

メカコレ 超巨大戦艦 その2

2014.01.15 (Wed)
毎年恒例の松の内モデリングで
完成写真をすぺぺっと貼るだけから
製作記事へ昇格(?)した
超巨大戦艦ですが。

こないだの記事に載せてましたが
結局松の内で出来あがったのは
ここまででした。
fc2blog_20140114141010b14.jpg
砲塔とかのパーツほとんどが
まだランナーに付いてる状態w

寝込んでなければなー。
完成させられたのになー。
俺マジで寝込んでたからなー。
まじつらいわー。
チラッチラッ


合わせ目消しまでは終わったので
良しとしましょう。

この船体にパーツがちょこちょこ付くのですが。
全て大味。
fc2blog_20140114141034bbf.jpg
年齢制限もあるので尖ったパーツは無理ですよね。
ということで、とがらせました。
うねってるしヒケてるし。
真面目にやったら
ほぼフルスクラッチになるんじゃないの?
このシリーズって。

そんなには手をかけたくはないが、
かと言って、素組では満足できない
微妙なお年頃。
自分の中でどう折り合いつけるのか、も
今後の課題なのかもしれません。

たっぷり時間が取れれば
全て解決するんですけどねw


上の写真のパーツを付ける場所もわかんない。
組み立て説明書では大雑把なことしか書いてない。

箱絵を見てもよくわからんので
勝手に決めました。
fc2blog_20140114141104e64.jpg
パーツを付ける場所を掘って
ポン付感を解消します。
こういうのって重要です。

ついでに船体のスジ彫りも
全てやり直しました。
筆塗りじゃ絶対に埋まります。
船体のうねりやヒケも
できるだけ処理しました。
細かく入り組んでいるところは
諦めました。
そこまで手を入れるキットじゃない。
たぶん。

艦尾に付く翼?羽?みたいなのも
カッコ悪いので
形状変更してウスウス攻撃です。
fc2blog_20140114141122839.jpg
これで、ちっとはマシになるでしょ。

もう手を入れないで
さっさと塗りに入るぞと
ずっと思ってるのに
ついやってしまいます。

今年もビョーキは完治しそうにありません。



ご参加ありがとうございました!
また次回お会いしましょう!
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村
人気ブログランキング

メカコレ 超巨大戦艦 その3

2014.01.16 (Thu)
もうこれ以上なんもせん。
さっさと組んで塗るぅぅ!
とか思ってる超巨大戦艦なんですが。

これって超巨大戦艦なんでしょ?
なんとか巨大感とかだせんかなぁ。
と思ったのが終わりの始まり。
どうせ松の内に間に合わなかったし
やりたいことやってみっか!

削り落したモールドを
復活させるついでに
細切りプラ板をチマチマと
貼り付けてみます。
fc2blog_201401141411494f3.jpg
エバグリの100と101を
1mmとか0.5mmとかに刻んで
あちこちに貼り付けます。

初めてやるので塩梅がわかりません。
やり過ぎてもうるさくなるだろうし、
少ないとわかんないだろうし。
キットの元々のモールドと
マッチングさせたいし。

板ばっかりじゃつまんないので
半丸も使いました。
fc2blog_20140114141210bd6.jpg
持ってる半丸は4mmだったので
伸ばしランナーの要領で
細くしてから使います。

削ったモールドもプラ板で復活させます。
これが本命の作業なんですけどね。
fc2blog_20140114141256091.jpg
貼ったり掘ったり。
0.2mm厚のプラ板の細切りは
ちょっとでも接着剤を付け過ぎると
 溶 け ま す 。

流し込みをちょんっと置くのがコツみたい。

で、このサイズでは半丸と平板の
違いがわかりません。
見てもわかんないことに
また労力を割いてしまいました。
今年もこんなんかよ。
やってるときは全然違うって
思ってるんだけどなぁ。

翼の根元はダクト風になってるようなので
蓋をしてダクトにします。
fc2blog_20140114141229a29.jpg
隔壁だけがモールドされてるって新鮮です。
掘るよりは貼る方が楽なのでよかった。

箱絵を見つつ、テキトーにペタペタ。
fc2blog_20140114141318248.jpg
こんなもんでいいのかなぁ。
もっと貼った方がいいのかなぁ。
ま、テストピースとして
こんくらいにしておきましょう。

わからんから、ここまでにしておきます。
出来あがったらどこが悪いかも
見えてくるだろうし。
というか、つかれた。

残りのパーツを貼り付けたら
工作終了です。
fc2blog_20140114141414257.jpg
艦尾の翼みたいなのも
接着位置がわからないので
てきとーに貼り付けましたが、
微妙に違う気がします。
ま、いいや。

一番目につく砲塔関連は
全く触っていません。

数が多すぎるので
それをやってたら、
あっという間に1カ月くらい過ぎてしまいます。

スジ彫りもほとんど追加していません。
スジ彫り入れると巨大感も出そうな気がしますが、
こんなキットにあんまり時間を割きたくありませんw

艦橋のてっぺんのアンテナ線?も
ものすごく太いので
0.3mmとかの真鍮線に変えてもいいんですが、
面倒になったのでやりません。

こういうのをキットを尊重するといいますw


ツイッターで教えてもらったけど、
こいつ12kmもあるらしいです。
でけーー!
そんなにでかい戦艦・・・
には、見えんですな。

ん?ちょっと待て。マテまて待て。
大洗女子学園艦が全長7,600mだったよね?
聖グロの学園艦が2倍くらいの大きさだから
それくらいってこと?
なんだ、大したことないじゃん(オイ



ご参加ありがとうございました!
また次回お会いしましょう!
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村
人気ブログランキング

メカコレ 超巨大戦艦 その4

2014.01.17 (Fri)
当初からは予定外でしたが、
結構工作が長引いてしまいました。
やっと塗りに入ります。

筆塗りの誓いは守りたいと思います。
こんなちっこいのを塗るのに
エアブラシを引っ張り出すのが
面倒だからじゃナイデスヨ?
このサイズのグラデーションを
エアブラシでやる自信がありません。
筆の方がコントロールしやすいかと。

ジャーマングレーでざっと下塗りです。
fc2blog_201401141414338ce.jpg
洗浄?
いえ、知らない子ですね。
サフ?
いえ、知らない子ですね。

プラ板の細切りは
この状態じゃ全然わかりません。
fc2blog_2014011414144652f.jpg
仕上げ塗装のときにドライブラシで
浮き上がってくれることを祈ります。

箱絵を見るとこの戦艦は
紫色のようです。

カニさんの背中の黒は、
実は紫系なので
それを塗ればうまくいかんかなぁ?
下塗りには丁度いいはず。

というわけで、カニさんの背中に使った
黒っぽい紫でザザッと塗ります。
たっぷり作ってしまったので
スペアボトル一本分あります。
この色は影色にも使えそうなのでたっぷり作ってます。

下地の色を残しつつ、
下地の色を泣かしつつ。
ザザッと、とか言ってますが、
ふと気が付いたら、
1時間経ってるんですよね。

気をつけろ!
近くにThe Worldがいるぞ!!


でも、わからん。
さっきとの違いがわからん。

肉眼だと塗ってないとこがわかるので
確実に色は変わってるんですが、

写真じゃよくわかりません。
こっちがジャーマングレー。
fc2blog_2014011414144652f.jpg
こっちがカニグレー。

ちょっと青っぽくなったかな?
ホワイトバランスの違いの様な気も。
とりあえず、下地色は
これでいいんじゃないかな。

やっぱりアンテナ(?)3本が気になるなぁ。
真鍮に置き換える・・・か?


ご参加ありがとうございました!
また次回お会いしましょう!
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村
人気ブログランキング

メカコレ 超巨大戦艦 その5

2014.01.18 (Sat)
下塗りが終わったので
メインカラーを塗っていきます。

メインカラーは
クレオスの37番グレーバイオレットに
マゼンタとシアンをぶち込んだ
自作の色です。

グレーバイオレットで
マシーネンを塗りたくってやろうと
買ってきてましたが、
文字通り、蓋を開けて見たら
イメージしてた色と違ったので、
一瓶丸々欲しい色に調色してしまいました。
グレーっぽい紫に調色するのは
けっこう大変でした。
黄色がなかなか消えなかったんですよね。

これを基にしてカニさんの
背中の黒を作ってます。
超巨大戦艦の下地色の
元になった色を重ねるので
相性はいいはずです。

ムラムラになるように注意しながら
エッジとかスジ彫りのとこは
グラデーションを意識して
下塗りを残すようにします。

しゃばしゃばに薄めて
何度も何度も塗り重ねます。

ムラサキになってきました。
ムラも今回はいい感じです。
ムラムラサキですな。
なんとかグラデ風にもみえるかな?

やべぇ、だんだん楽しくなってきた。
なんだかカッコよく思えてきたぜ。

でも、箱絵と比べると
まだちょっと暗いですね。
白をぶち込んだ色で重ね塗りすれば
良さそうな気がします。
シアンも少し入れて彩度を上げた方がいいかな。
でも、このままのこれくらいの色でも
重そうでいいんですけどね。
影になるとグレーになるし。

差し色の黄色を考えると、
しっかり紫にしてる方がいいかもしれません。

宇宙に空気はないけど、
空気遠近法っぽくした方が
デカく見えるかな?

どうしたもんか悩みますね。
実験的にやってみましょうか。
失敗したってかまわない。
やり直せばいいだけだしね。
いくらでもやり直しが出来るのが
模型のいいところ。
時間との兼ね合いですけどね。


やっぱり立体塗絵は楽しいわ。



ご参加ありがとうございました!
また次回お会いしましょう!
F.M.S.公式ホームページへ。


にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村
人気ブログランキング
 | HOME |  Next »