soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

タミヤ 1/72 零戦52型 (完成) の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ 1/72 零戦52型 その1 突然開始

2012.02.26 (Sun)
土曜にソロモンへ行って
預けていたドムさん達をつれて帰ってきました。
ドムさん達を連れて帰ってくるのが目的でソロモンへ行ったのに
例によって飲み過ぎて
NOVさんちに泊まってしまいました。
いつものメンバーの飲み会は
楽しすぎるのが困りものです。


ソロモン行く前に天神の模型屋巡りをしていたら
ついつい誘惑に負けて買ってしまいました。

タミヤ1/72零戦52型。
先日インフルエンザで寝込んでいるときに
モデグラ付属キットだった52型の記事を読みまくっていたので
作りたくなって仕方なかった零戦です。
MGに付属のやつは2度と入手出来なさそうなので
組むのはなんかもったいない。
タミヤから同様のキットが発売されたので
安心して作る事が出来ますね。

ドムにヤスリかける前にちょっとだけ
説明書を見てみようと箱を開けたら、


こんなことになってしまいました。
あれ???
ドムは???

説明書だけじゃ我慢出来なくなって
作り始めてしまいました。
こんなはずじゃなかったのにw

1/72飛行機は初めてですが
細かくてなかなか面白いです。
小さいので筆塗りでちょこっと塗ると
見る見るうちに出来上がって行きます。
筆塗りだと、エアブラシみたいに面倒じゃないので
塗りながら組み立てていくのが楽です。
このまま筆塗りで仕上げる事に決定。

エンジンもてきとーに塗って
作ってしまいます。

どうせ見えないのでかなり適当な仕上げです。
エンジンは半つや黒らしいですが、
黒を使いたくないので
ダークグレーです。
カウルにも黒は使いたくないので
ニュートラルグレーVを使っています。
排気管はエナメルのフラットブラウンとブラックを
混ぜた物でちょこちょこと。

筆塗りのときは
すぐに使いたい筆が探せるように
筆を刺してすぐに手に取れるようにしてます。

こうしてると筆立てからいちいち探さなくていいので
ストレス無く作業が進みます。

SAFSを作ったときに筆塗りの要領がわかってきたので
サクサク進みます。
エアブラシも楽しいけど、
筆塗りもかなり楽しいですね。

続いては胴体の仮組み。
擦り合わせとか必要だったら面倒だなと、

思っていましたが、
このキット、バチバチパーツが合います。
擦り合わせなんていらない。
接着面に塗料が乗ったら合わなくなるんじゃないかってくらいです。
さすがはタミヤ。

コックピットもちゃんと入れて
エンジンカウルと合わせてみます。

なんの問題もない。
胴体中身を作って貼り合わせれば
すぐにでも外装の塗りに入れそうです。

今日はここまで。
久しぶりにがっつり製作記事になりました。
この零戦は素組に徹するつもりです。
筆塗りを楽しめればいいかな。

ところで、ソロモンから回収してきたドムさん達は。

まだ鞄の中です。
ドムさんはしばらくヤスリ掛けなので
大して面白くありません。
前回のキュベレイみたいに
ピカピカに磨かなくていいので
320番でヒケを処理するだけの手順です。
記事にしても面白くないので
ドムさんは進展があったときに
記事にします。

それにしても、1/72飛行機って楽しい。
タミヤの最新キットだからっていうのもあるでしょうが、
みるみるうちに形になっていくのがいいですね。
最近マトモな完成品が少なかったので
すぐに完成させられそうで楽しみです。


↓面白かったらクリックお願いします。
順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。
スポンサーサイト

タミヤ 1/72 零戦52型 その2 コクピット内部と主翼の組み立て

2012.02.27 (Mon)
もう2月も下旬というのに
結構寒いです。
はやく暖かくなってほしいですね。
窓開けてエアブラシ塗装も出来ますし。

当ブログ初のロボットじゃない製作記です。
今日も順調に零戦製造が進んでいます。

仮組みして、擦り合わせもなにもしなくてよかったので
胴体内部を仕上げてしまいます。

取説通りに指定色で塗って
パーツを取り付けるだけです。
ガンプラと違って、どうのこうのしないので
サクサク進みます。
コクピット内部のパーツが小さいので
ピンセットを使って取り付けます。
パーツを飛ばさないようにヒヤヒヤしました。

胴体を貼り合わせている間に
主翼も片付けてしまいます。
脚収納庫部分に指定の青竹色を筆塗りです。

翼の厚みをうまく使って
収納庫の奥行きを出しています。
なかなかうまい設計です。
って、飛行機初めて作るんですけどねw

脚収納庫が終わったら
コクピット下をエナメルシルバーで。

取説ではフラットアルミになってますが、
どうせ暗くて見えないのでこれでもいいでしょ。
翼も流し込み接着剤で貼り合わせておきます。

とかやってる内に
胴体の接着剤が粗方乾いたので
合わせ目を処理しておきます。

合わせ目の上から瞬着を
すこ〜〜〜しだけ盛って
スポンジヤスリのSuperFineで仕上げます。
上から瞬着を盛っているので
合わせ目のヒケを気にせずに
すぐにやすってしまいます。

胴体内にコクピットを設置しましたが

よく見えないですね。
赤と銀でちょこちょこと塗り分けしたのに
よく見えないのが悲しいとこです。
よくよく見ると、アクセントで置いた
赤がみえて精密っぽく見えるので
良しとしましょうか。

明日は士の字にしたいですね。
そこまで終わると脚と増槽くらいなので
本体の塗りに入れそうです。

このスピードで作れるなら、
来年の松の内モデリングのお題にしても良さそうですね。
擦り合わせがいらないので
こんなに早く進むんだと思いますけどねw


↓面白かったらクリックお願いします。
順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。

タミヤ 1/72 零戦52型 その3 士の字

2012.02.28 (Tue)
今頃思い出しましたが、
先日の土曜日にソロモンに行ったときの話。

筆塗りって結構綺麗に仕上がるという話で
ソロモンに置いてもらってるSAFSを
回覧してました。
筆でもこれくらいのグラデは簡単とか
筆は100均のナイロン筆でもいいとか
肝は塗料濃度とか
話してる横で
某所で雌豚とかエテ公とか言われてた
あざとく可愛い女の子が
SAFSの写真を撮ってました。
しばらくしたらおおっ!とか言ってるので
どうしたのかと思ったら、
SAFSのおっさんパイロットをデジカメが

顔 認 識 し て た。

なにを基準に顔認識してるんだろう?
イケ面具合?w

他にはセネさんのトークとかありましたが
品行方正公序良俗風紀厳正で
18歳未満もOKな
当ブログでは喜んで割愛致します。
kogattiさんとセネさんの話は
ブログには載せられませんw
次の日NOVさんとセネさんと3人で食べに行った
チャンポン屋のおねーさんが
セネさんを見るときの

嫌そうな顔が忘れられません。

さて。
サクサク進む零戦です。
今日は翼の取り付けです。

士の字とかいいますが、
まずは水平尾翼から。

左右で間違わないように
取り付けの凸部分の大きさが
左右で違うようになってます。
作りやすいように細かいところまで配慮されてます。
さすが、タミヤ。

翼の取り付けは
飛行機モデルのキモと思います。
ここの出来不出来で飛びそうにみえるか
墜落した後に見えるか変わってきそうです。

というわけで、
水平尾翼は一直線に
かつ
垂直尾翼に直交するように。
前後の位置が左右で一致するように。
結構大変ですね、コレ。
ちょっと油断すると
0.5°くらいはすぐにずれてしまいます。

水平尾翼が終わったら
今度は主翼の取り付けです。
主翼も位置がぴったりと決まるので
取り付けは楽ですが、
翼にちゃんと角度が付くように
合わせ目のパネルラインが
不必要に大きくならないように気をつけます。
接着する前には
接着面の確認をして
塗料が接着面に乗ってしまったところは
溶剤でちゃんと落としておきます。

これだけで、接着力がかなり違うはず。

接着位置を確認したら
流し込み接着剤で固定します。

翼をしっかりと付けるために
マスキングテープで主翼の両端を引っぱります。
こうすると合わせ目が広がらなくて
ちゃんと固定出来そうです。

今日はこのまま放置して
明日まで接着剤が乾くのを待ちます。
主翼の接着には流し込みしか使いませんし
使えません。
瞬着を使わないので
ヒケや乾燥をしっかりとさせるために
数日待っても良さそうです。

その間は・・・ドムさんにやすりがけでもしていようかな。


↓面白かったらクリックお願いします。
順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。

タミヤ 1/72 零戦52型 その4 脚組み立て

2012.02.29 (Wed)
今日は朝起きてびっくり。
雪が3cmも積もってました。
車も雪の中に埋まったみたいになってました。
お湯をかけながら雪をどかすのに
結構苦労しました。
これくらいで苦労してたんじゃ
雪国には住めないねw


零戦の接着剤が乾く間に
ドムのやすりがけをしようかと思ってたけど
零戦が楽しすぎて
進めてしまいました。
ドムも進めないといけないのに。


脚はニュートラルグレーVと
シルバーで塗り分け。

タイヤはタイヤブラックとか持ってないので
ニュートラルグレーにウィノーブラックを
加えた色でヌリヌリ。
ホイールはエナメルのシルバーで塗り分ける予定です。

ところで、パーツがお皿に入ってますが
一体なんでしょうか?

これが筆塗り用の新兵器です。

100均の白いお皿。
Ma.K.モデリングブックで
横山先生が日本画用の白い塗料皿を
勧めていました。
周辺では売っている店がないので
出来るだけ白い皿を選んできました。
白いと塗料の色味がよくわかりますね。

今まで模型用の塗料皿を使っていましたが
皿が軽くてすぐ動くので
手で押さえたりして結構使いにくかったです。
この陶器の皿は重量があるので
筆で触ったくらいではびくともしません。
しかも、これまでの皿より大きいので、
筆に含ませる塗料の量の調整が
やりやすくなりました。
みんなも白い皿を買うといいですよ。
お皿に気を使わなくてよくなるので
筆塗りがさらに楽しくなること請け合いです。


↓面白かったらクリックお願いします。
順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。

タミヤ 1/72 零戦52型 その5 毎日更新継続中

2012.03.01 (Thu)
ここのところ毎日更新が続いていますが、
零戦ばっかりやって
ドムが進んでいません。
まだ脚フレアにやすりかけただけです。
面白いのと面白くないのがあったら
面白いほうをやっちゃうよねw

ということで、
週末にしまさんとセネさんに
喝をいれてもらうことにします。

零戦は脚の塗り分けが終わり
脚庫カバーの内側は青竹色で塗りました。

脚をつけるとテンションがまた上がりますね。
コックピット後ろの風防内も
コクピット色で塗り終わりました。

カウルを取り付けると・・・

もう形になりました。
いよいよ本体の塗装に入れます。
まずは下面色からぺたぺたします。
100均皿が大活躍の予感!


↓面白かったらクリックお願いします。
順位とテンションが直結してますw
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

面白くない場合はこちら↓をクリックお願いします。
こちらが上昇してもテンションにつながりますw
人気ブログランキング

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリー

当ラボも投稿しています。
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。