FC2ブログ

soft Engineered Humanoid Lab

このブログは虫歯の原因になりません

IMS ヴァイオラ その2 工作箇所

2019.02.15 (Fri)
バンアレン帯の
お誕生日に向けて
子供がチョコを使ったお菓子作りに
精を出していたので、
僕も作ってみた。

チョココーン


ポップコーンから作っても
20分で出来るという
お手軽なくせに、
食べ出したら止まらない奴。
写真の3倍量作っても原価は100円未満。
これなら時々作ってもいいなぁ。


LED Mirage V3のときもそうでしたが、
長期間立たせておくために
ちょこちょこ工作しないと
大変なことになります。

飾っていたら、ある日突然、

どんがらがっしゃ~~ん

ってなったら嫌ですからねぇ。

ということで、
工作その1。
背面のアーマーと本体を接続する
フレームのパーツの赤丸辺りに
1mmの穴をあけて、
真鍮線をぶっさすようにしたほうが
いいでしょう。

ここはパーツが外れる向きに
力がかかるようになっています。
このフレームが本体に
しっかりと接続できていれば
心配ありません。

この位置だったら、
装甲をつけていくと


真鍮線が目立たなくなります。

これはもう最初から
ここに穴を開けてくれ
と言わんばかりですね。


工作その2。

仮組みで判明したヤバイところ。
それは

立たせていると
だんだん前のめりになる。

完成後にだんだん前のめりになって
どんがらがっしゃ~~~ん
となったら嫌です。
対策しましょう。

原因は写真の赤丸の関節。

かなり前に曲がります。
とくに、上の赤丸の位置にある
スネに内蔵されている関節が
曲者です。

接着してしまってもいいんですが、
ポーズが決まらなくなったら
それはそれで嫌なので、
前に曲がらないようにします。

1mmプラ板の切れ端を
2枚接着するだけ。

接着は必ず
流し込みとか
トロトロのムニュッとするのに使う
溶剤系の接着剤を使いましょう。
瞬着だと数年したら取れるかもしれません。

簡単ですねぇ。

2mmプラ棒でもいいかもしれません。
ただ、手元になかったので
1mmプラ板を使っただけです。

これだけで、前に曲がりにくくなります。

左がキット、
右が工作後。

これくらいなら、
背面アーマーの重さと
釣り合ってくれるんじゃないかと。

立たせてみないとわかんないけどね。
スポンサーサイト



IMS ヴァイオラ その1 買ったど~~

2019.02.07 (Thu)
おこずかいをですね、
ちまちま貯めていたんですよ。

やっと貯まったので、
ついに買ったど~~~!!
IMS 第8弾 ヴァイ・オ・ラ クルマルス2

写真はVolksのHPより拝借。

パイドバイパーでケーニヒが乗ってた機体ですね。
FSS8_022.jpg
(c)EDIT
このシーンにしびれたんですよね。
この後の展開にもワクワクですよ。
緑の悪魔とかテロルとか登場で
大興奮ですよ。
読んでない人は8巻を買いにいこう!

で、Volksから出てたガレキ版が
ず~~~っと欲しかったんだけど、
手に入れるのが無理だったんですよね。
でも、IMS版ならこっちのボークスで
いつでも買える!
おこずかい貯まったら買える!!
ひゃっは~~~!!

ということで、
暖かくなったらエアブラシとかいうのを
ひっぱりだしてきて
きっちり塗ろうという計画を胸に、
工作を寒い時期に
リビングで終わらせてしまいましょうね。

ということで、仮組み。

MH組んでるなぁという快感。
ちなみに、IMSはあちこちに
ゲート処理が絶望的とか
パーツがはまらないとか
ぽろりするとか
そういうのはデフォなので

暖かい気持ち、

もしくは、

買ってきてテンションマックス

のときに組むことをおすすめします。

土日の2日間をみっちり使って
仮組みしてみました。



うんうん。
かっこいい。

パーツのすりあわせと
長期間の展示を考えた工作
くらいで充分いけそうです。

ちなみに、
2日間もニッパーを握り続けたのは
数年ぶりなので
手にマメが出来てしまいましたw


松の内モデリング 2019

2019.01.15 (Tue)
あけましておめでとうございます。

知らない間に新年ですねぇ。
一年が速い速い。

昨年はほとんど記事上げてないので
今年は模型作って記事をどんどん更新しましょう。

ということで、年の初めは松の内モデリングで。

松の内モデリングのレギュレーションのおさらいを。
1.7日の時点での状態が完成。
2.エアブラシ封印。筆塗りで仕上げること。
3.ノーマル素組みに徹すること。
4.負けない事 投げ出さない事
  逃げ出さない事 信じ抜く事
  駄目になりそうな時 それが一番大事

ま、今年の模型の願掛けです。
今年もゆる~くやりましょう。

今年のお題は2年続けて1/72戦車。

やっと見つけたIII号F型。

72なのでサクサク組みあがります。
が。

ここのところが違うんですよね。
気に入らないなら変えてしまえ。
今年もさっそくレギュレーションを無視。
松の内で完成させるためのレギュなのに、
丸無視。

ということで、ハッチの部分のベースを
プラ板でサクっと。


おもむろに0.5mmのプラ板の
切れ端にけがいていきましょう。

けがいたら交点に0.5mmで下穴を。

その穴をたしか3mmまで
広げたんだっけかな?

左上の穴の位置が0.1mmほどずれたので
このあと苦労することになりました。

穴をけがき線で切り取って繋げて、
ずれた穴を補修したら
線がガタガタになったけど、

テンプレートの完成。

このテンプレートを瞬着の点付けで固定して
0.2mmのタガネでスジ彫りをいれます。

ハッチ周りのスジ彫りです。

キットからハッチを移植します。

ニッパーでザックリ切ったら
やすりをかけて薄くします。

板厚が1mmくらいあるので
その厚みを全部粉にしてしまいます。

この写真は途中だけどね。

ハッチとヒンジをキットから移植して
完成。

ハッチが横から縦向きになりました。

あとはサクサクくみ上げるだけです。

履帯が転輪と一体ゴム成形なのが
ちょっといやですねぇ。
プラがいいなぁ。

今年もとりあえずマホガニー教スプレー派のおつとめを。

ぶっしゅー。

という状態で
1月7日を迎えてしまいました。
1/72の塗り待ちが1台増えただけというw

4~6日の間、嫁実家に連行されたのが
この中途半端な松の内モデリングの
原因だったかな。


ともあれ、みなさま今年も宜しくお願い致します。

サンダース M4 その4 組みあがり

2018.12.07 (Fri)

謎仕様のサンダースシャーマンと決まれば、
残りをさっさと組んでしまいましょう。

細かいパーツは途中でなくさないように
最後につけることにしてますが。

ゲートなのかバリなのかパーツなのか
よくわからないパーツが沢山。
がんばってバリ取りしましたよ。

砲塔の側面のハッチは別パーツなんです。

当然のように合いが悪いので
瞬着で無理矢理埋め込みました。
黒瞬着があると
盛り上げやすいし、視認性も良いから
楽だったんだけどな。

ライトガード類はエッチングです。

ジグがついてるから
形状に悩まなくていいのは
ほんとありがたいですねぇ。

謎仕様のサンダース付属シャーマンの
組み立てが終わりました。


サンダースのシャーマンって
ロンドンのWar Museumのこのシャーマンと
同じ仕様っぽいですね。

自前の資料写真が沢山あるけど、
ガルパン仕様なので設定画を優先して
おそらく設定が参考にしたであろう実機を
まるっと無視するという
何が何だか訳がわからない状態ですなw


サンダース M4 その3 履帯

2018.12.03 (Mon)
久しぶりに映画館で映画見てきました。

控えめに言って良すぎ。
もう一回くらいは見に行きそう。


おもりが一つでは軽すぎたので
もう一つ増やして履帯をしっかり組み上げました。


履帯の組み上げで変更したところがあります。
写真の取説では
5コマ分が一つになってるパーツを
起動輪の下につけるようになってます。

この通りに組めないこともないですが、
36Aが短すぎて上側の履帯の組みたての
難易度が高くなってしまいます。
なので、39Aを38Aに接着して
上に持っていくと少し組みやすくなります。
元々の39Aの部分は1コマの履帯パーツを使います。
ついでに、起動輪の下には
自然なたるみもつけてあげるといいですね。

履帯も組み上がったので、
僕の中では90%完成。

上物乗せたるだけでほぼ完成w

ここから、完成したシャーマンを
サンダースにする作業です。
ということで、設定画を見ながら
ちまちまとエッチングパーツをつけたり、
足りない部分をプラ板で作ったりしてたんですが。

ギアボックスの形状が全然違うことに
今頃気が付くという痛恨の事態に。

サンダースは物量がすごいので
戦車も沢山もってるから、
この型のやつも持ってるよね

という妄想で乗り切ることにしますw
 | HOME |  Next »